header_logo

競輪の決まり手とは?バンクによって決まり手の割合は変わる?

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回は競輪の決まり手について皆さんに紹介します。

競輪の決まり手TOP

競輪の決まり手は、競輪予想をする上で重要な役割を秘めています。

どの選手にも得意不得意があり、出走表からこの数字を知ることで的中率もグンと上がってくるのです。

今回は決まり手とその割合、出走表の見方を知ることで分かる数字の関係性などを紹介していきます。

競輪の決まり手は全部で4種類!

競輪の決まり手は4種類ありますが、この決まり手とは1着と2着に入線した選手が最終周回でとった戦法のこと。

競輪は最後の1周まではラインの位置取りを競い、最終周で着順を争って白熱した展開が繰り広げられます。

単純に先頭に居る選手が有利に感じるかもしれませんがそうとは限りません。

後方にいる選手たちにとって有利な戦法もありますので、次で決まり手の4種類について解説していきます。

競輪の決まり手「逃げ(逃)」

逃げとは、その名の通り最終周回に先頭で入った選手のこと。

後続の選手を振り切ってそのままゴール線を1着か2着で通過すれば決まり手は逃げになります。

競輪の決まり手の逃げ

出走表に「B・H・S」とありますが、このHは最終周回に入った時にホームストレッチラインを一番最初に通過した回数を示しており、多ければ多いほど逃げの戦法を取っている回数が多いです。

決まり手の「逃」の数字が多ければ多いほど逃げ切り勝ちが多いということになるので、Hが多い選手は決まり手も逃げが多くなっている傾向にあります。

競輪の決まり手「捲り(捲)」

捲りとは、最終周回に入った時点では後方に待機して体力を温存し、バックストレッチラインから一気に前方にいる選手を抜き去ること。

4コーナーに入るまでに先頭に躍り出て1着か2着でゴール線を通過すれば決まり手は捲りになります。

競輪の決まりての捲り

出走表のBは最終周回の残り半周の時点でバックストレッチラインを先頭で通過した選手の回数のことで、捲りが得意な選手はHが少なくてもBだけ多いことがあるので着目してみましょう。

決まり手の「捲」が多い選手がそれに当てはまり、レース展開によってはかまし先行で早めに先頭に出て逃げ切ることもあります。

競輪の決まり手「差し(差)」

差しとは、4コーナーを超えて最終直線で先頭選手を抜き去りゴール線を通過すること。

後方に構えて1着や2着に入線した選手、または先頭選手の番手に付けていて抜き去り1着になった選手の決まり手が差しになります。

競輪の決まり手の差し

捲りと差しの違いは、4コーナーに入る前に一気に抜き去るか4コーナーを超えて最終直線で抜き去るかの違いです。

決まり手の「差」が多い選手は、ラインの番手などに付けて追い込みが得意な選手が多い傾向にあります。

競輪の決まり手「マーク(マ)」

マークとは、ラインで入着した時に前にいる選手を抜けずにそのままゴール線を通過した場合に当てはまります。

競輪の決まり手のマーク

ラインの2番手でレースを進めていきラインの先頭選手が1着でそのまま2着に入線した場合。

または、ラインの3番手に付けて2番手の選手がラインの先頭選手を差して、1着で3番手の選手が2着に入線した時の2着入線した選手の決まり手がマークです。

マークに限っては2着入線した時のみで、1着に入線した場合の決まり手はマークはありません。

出走表の決まり手にある「マ」がそれに当てはまり、マが多い選手はラインの番手に付けていて2着で入線した回数が多いということになります。

競輪の決まり手の割合は?どの決まり手が多いの?

競輪の決まり手の割合について調べました。

バンクの傾向によって違いますが、平均的な割合は以下の通りです。

着順 逃げ 捲り 差し マーク
1着 26% 31% 43% 0%
2着 20% 14% 24% 42%

1着の決まり手の割合で多いは差しで、これはバンクに関わらず平均的に高い傾向にありました。

逆に一見一番有利に見えそうな逃げが1着になる割合としては一番低かったです。

2着の決まり手で多かったのはマークの選手。

1着になっている決まり手の約半分以上が逃げか捲りなので、ライン決着した時に割合的にマークがやはり有利なのでしょう。

逆に2着で一番低いのが捲りの選手

捲りが決まった選手は1着になるケースが多いので、決まらなかった時は入着しないことが多いことも分かります。

車券を買う際、意識しましょう。

競輪の決まり手はバンクによって変わるの?

競輪の決まり手はバンクによって変わってきます。

周回の距離も違いますし屋外やドームなどで風の抵抗の有無がありますので、一概に先程の決まり手の平均だけではどれが一番有利かは分かりません。

そこでバンクの傾向について紹介していきます。

バンクによる競輪の決まり手の違い「333mバンク」

競輪を開催する競技場の中で一番小さいのがこの333mバンク。

周回の距離が短いということは、必然的にカント(傾斜)がきつくなり最後の直線も短くなってしまうということ。

外から差しに構えた選手はカントがきついことで外へと回され、直線も短いので不利になってしまい先行選手が残ることも多くなっているのが特徴です。

着順 逃げ 捲り 差し マーク
1着 33% 31% 36% 0%
2着 20% 12% 20% 48%

全体を見ると競輪の決まり手は差しが多いのですが、333mバンクに限っては1着の決まり手の割合はほぼ均等になっています。

1着にラインの先頭を走行する逃げの決まり手が増えていることから、2着の決まり手のほぼ半分がマークになっているのでラインに注目しつつ車券を購入すると良いでしょう。

バンクによる競輪の決まり手の違い「400mバンク」

競輪場のほとんどがこの400mバンク。

数が多く競輪場の特徴も違うので、一概にどの決まり手が有利不利とは言えません

着順 逃げ 捲り 差し マーク
1着 25% 30% 45% 0%
2着 19% 14% 25% 42%

競輪場の特徴を踏まえたうえで予想を楽しむのが良いでしょう。

バンクによる競輪の決まり手の違い「500mバンク」

競輪場で最大バンクと呼ばれる500mバンクは、日本では4場しかありません。

2021年10月現在、震災の影響により熊本競輪場が改修のため中止になっているので3場のみです。

着順 逃げ 捲り 差し マーク
1着 24% 26% 50% 0%
2着 16% 14% 29% 41%

カントが緩く最後の直線が長いので、1着の決まり手は半分の割合で差しになっています。

後方からの選手が有利とされており、先行選手の逃げは決まりにくい傾向にあるので追い込み選手やラインの番手選手に注目してみると良いでしょう。

バンクによる競輪の決まり手の違い「屋外バンク」

競輪場のほとんどが屋外バンクで、風の抵抗や天候などかなりレースに影響が出てきます。

競輪場によっては屋外でも風を受けにくい所もあれば、強風が吹きやすい競輪場、または風向きによってもレース展開が変わってくるので特徴を把握しておかないといけません。

着順 逃げ 捲り 差し マーク
1着 25% 31% 44% 0%
2着 20% 14% 24% 42%

バックストレッチで強い追い風が吹けば捲り選手が有利になることもありますし、単純に強風が常に吹いている日であれば先行選手はかなり体力を奪われてしまいます。

バンクの形状だけでなく、客席などの配置場所による風向き、競輪場がある場所での地域特有の強風もありますので、屋外バンクはこれを加味した上で予想するのも一つの醍醐味とも言えるでしょう。

バンクによる競輪の決まり手の違い「ドームバンク」

ドームバンクと呼ばれる屋内バンクは、前橋競輪場の335mバンク(333mバンクに含まれる)と小倉競輪場の400mバンク2場のみとなっています。

ドームバンクは風や天候の影響を受けないので、実力通りに決まりやすいのも一つの特徴です。

着順 逃げ 捲り 差し マーク
1着 31% 31% 38% 0%
2着 22% 13% 20% 45%

ただ風が無風ということは、捲り選手が有利になる追い風や逃げの選手が不利になりやすい向かい風も無いので、これまでのレース結果からだけでは予測できない展開になることもしばしばあります。

出走表の決まり手から見る選手の得意・不得意

出走表の選手名の欄を見てみると脚質と呼ばれる「逃」「追」「両」の3種類があります。

  • 逃…ラインの先頭をで逃げ、捲りが得意な選手
  • 追…ラインの番手に付けて差し、マークが得意な選手
  • 両…どちらも自在に走れる選手

この脚質から、まず決まり手を見てみましょう。

競輪の決まり手の出走表

逃の選手の中にも決まり手が逃げと捲りとどちらかに偏りがあることが分かります。

ここでラインで走行する際に、位置取りなどの展開を予想することが可能です。

さらに前述でも紹介した「BHS」で決まり手関係無しにどの位置に付けている回数が多いかが分かるので、Hが多い選手は逃げの選手の中でも先行逃げ切りのタイプということになります。

追の選手でも決まり手のマが少ないのに差が多い選手はどの位置取りからでも1着を狙える力があるので、ライン全体の競走得点が低くても入着を争える選手です。

このように、決まり手を見つつ全体の予測を立てながらレースを予想してみてください。

【限定公開】競輪でコンスタントに稼ぐための方法を伝授します!

ここまで「競輪の決まり手」についてご紹介してきました。

しかし・・・

競輪の決まり手について理解できたとしても、すぐに稼ぐことは難しい。

そこで、ここまで読んでいただけた方限定!

競輪予想サイト解体新書が実際に参加して稼げた競輪予想サイトの中から調子が良いサイトを大公開!

丸乗りするのもよし。

自分の予想の参考にするのもよし。

様々な要望に答えることができるでしょう。

的中率重視で勝率を上げたい方向け「競輪ギア」

競輪ギア優良評価

的中率を重視したい方は競輪ギアをおすすめします!

直近の成績は以下の通り。

  •  的中率  :82%
  •  回収率  :180%
  • 獲得金額:127,300円

無料予想とは思えないほどの的中率!

「勝率を上げたい」

「なかなか勝てない」

なんて方は是非登録してみてください!

>【完全無料】競輪ギアの登録はこちら!

回収率重視で大きく稼ぎたい方向け「競輪アンビシャス」

競輪アンビシャス

回収率を重視したい方は競輪アンビシャス

直近の戦績は以下の通り。

  •  的中率  :70%
  •  回収率  :221%
  • 獲得金額:332,100円

回収率220%超え!過去には万車券も的中しています。

とにかく大きく稼ぎたい方にはおすすめです。

この2つのサイトを活用して、もっともっと稼ぎましょう!

>【完全無料】競輪アンビシャスの登録はこちら!

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

LINE公式アカウントバナー

競輪には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競輪予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード