header_logo

名古屋競輪場のデータから分かる特徴を徹底解剖!バンク・傾向・基本情報などご紹介!

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回は名古屋競輪場の特徴について皆さんに紹介します。

名古屋競輪_特徴_TOP

1949年、開設当初から人気の競輪場である名古屋競輪。

「万車券が出やすい」「1レースで大きく稼ぐ事ができた」という声を多く耳にします。

しかし、裏を返せば「荒れやすく予想が難しい」という事。

では、なぜ名古屋競輪は荒れやすく予想が難しいのでしょうか。

それには名古屋競輪の特徴が影響しているのです!

ということで!

今回はそんな名古屋競輪の特徴を過去の傾向・レースデータと共にご紹介!

バンク・決まり手・天候などもまとめています。

名古屋競輪の特徴を完璧に押さえたい方や名古屋競輪で勝ちたい方は、是非最後までご覧ください!

名古屋競輪の特徴とは?

現在レースが行われている競輪場は42会場。

それぞれ異なる特徴を有しています。

それは、名古屋競輪も例外ではありません。

そんな名古屋競輪の特徴の中でも絶対に押さえておきたい特徴が以下の5つ。

  • 名古屋競輪場のバンクの特徴「カントのキツさ」
  • 名古屋競輪で最も多い決まり手「差し」
  • 名古屋競輪の1着の脚質は「追脚」
  • 名古屋競輪場は「雨量が多め」
  • 名古屋競輪場の「突風」

それぞれ詳しくご紹介していきます。

名古屋競輪場のバンクの最大の特徴は「カントのきつさ」

名古屋競輪_バンクの特徴について

KEIRIN.JPを参考に、名古屋競輪のバンクデータを算出しました。

名古屋競輪のバンクデータ 全競輪場の平均バンク
バンク周長 400m バンク周長
直線距離 58.8m 直線距離 53.9m
カント 34°1´47″ カント 31°64´23″
ホーム 10.3m ホーム 10.6m
バック 9.3m バック 9.4m
センター 7.3m センター 7.7m

全国の競輪場と比較して見てみると、直線距離の長さ・カントのキツさが目に止まります。

直線距離は名古屋競輪の方が約5mも長い。

最もオーソドックスな400mバンクといえど、5mもの違いがあれば選手の有利不利に大きく関わってくるでしょう。

ただ、直線距離よりも重要視すべきなのがカントです。

カントとは・・・
実際に選手が走る競輪場のバンク(走路)を見ると、急勾配にも見える傾斜(角度)がついているのが分かります。 実際、比較的ゆるめといわれる競輪場のそれでも、かなり急勾配に感じるほどです。 この角度のことを競輪用語で「カント」といい、直線部分とコーナー部分にそれぞれ設定されています。-winticket引用

数値で見るとそこまで差を感じませんが、カントは1°違うだけでレースに大きな影響を及ぼします。

名古屋競輪場のカントを全国平均と比較するとその差は3°。

スピード決着しやすいと言われている333mバンクの防府競輪とほぼ同じ傾きです。

つまり、名古屋競輪ではこのきついカントの影響で後方ラインの選手はスピードに乗りやすく最後の直線で捲りやすいと考えられます。

レース当日、並びを見て後方ラインの先行選手が強い選手だった場合、その選手の活躍に期待できるバンクの作りということを覚えておきましょう。

名古屋競輪で最も多い決まり手は「差し」

競輪場ごとにバンクの特徴が異なるということは、同じ選手のレースでも展開は大きく変わるということ。

その競輪場の特徴が顕著に表れます。

ということで、名古屋競輪の公式サイトを参考に2022年1月〜2022年12月の名古屋競輪の決まり手を算出しました。

1着
逃げ
19%
捲り
35%
差し
46%
2着
逃げ
17%
捲り
18%
差し
30%
マーク
35%

名古屋競輪で最も多い決まり手は「差し」。

次いで「捲り」という結果になりました。

先述した通り、名古屋競輪はカントがキツめ。

また、直線距離も比較的長いため、先行選手よりも番手選手の方が活躍しやすいのでしょう。

名古屋競輪の1着の脚質は「追脚」

競輪における脚質は、決まり手と同様に競輪場の特徴が顕著に表れます。

これを理解しておくと、名古屋競輪でどのような選手が活躍しやすいのか。

期待できない選手が誰なのか分かります。

ということで、2022年1月〜2022年12月に開催された名古屋競輪の脚質について独自調査してみました。

1着脚質
38%
42%
20%
2着脚質
25%
58%
17%
3着脚質
20%
65%
15%

最も大きな割合を占めているのは「追脚」。

1着だけでなく、2,3着も「追脚」が圧倒的です。

カントがキツいという特徴をうまく使える選手が活躍しやすいのでしょう。

名古屋競輪場の天候の傾向

競輪において天候というものは絶対に無視できない要素の一つ。

どんなにはっきりとした特徴を持つ競輪場であったとしても、レース当日悪天候だった場合その競輪場の特徴は無視しても良いと言えるほどです。

つまり、名古屋競輪の特徴を押さえるのであれば、名古屋競輪場の位置する名古屋市中村区中村町字高畑付近の天候状況は押さえておかなければならないということ。

ということで、今回は名古屋競輪場がある名古屋市中村区中村町字高畑付近の雨についてご紹介します。

雨量が多め!

まずは、名古屋競輪場の雨から。

雨量を調査したところ、比較的雨量が多めな地域という事がわかりました。

名古屋競輪場がある愛知県は、台風が直撃することが多いため降水量の平均値も高いということでしょう。

季節の変わり目や台風以外では平均的な降水量ですが、ゲリラ豪雨が発生することも。

なので、名古屋競輪で勝負する際は天候のチェックも忘れずにしましょう。

ちなみに・・・

名古屋競輪場のリアルタイムな雨の情報は以下から確認できるので、利用してみてください!

季節の変わり目の突風に注意!

次にです。

雨量が多めという地域でしたが、風については年間を通して見ても強くはありません。

ただ、季節の変わり目には突風には注意。

屋外競輪場のため、風が強く吹いた際はレースに大きな影響が出るでしょう。

なので、風の強さや向きをチェックすることは必須です。

ちなみに・・・

名古屋競輪場のリアルタイムな風の情報についても以下から確認できるので、利用してみてください!

名古屋競輪の特徴・傾向をレースデータから徹底分析!

ここまでご紹介した名古屋競輪場の特徴を押さえておけば、ある程度の勝率UPが見込めるでしょう。

しかし、更に細かい分析を行うことで名古屋競輪の勝率を”確実に”上げることが出来るのです!

ということで、そんな名古屋競輪の分析を徹底的に行ってみました!

分析ポイントは以下の5つ。

  1. 名古屋競輪の平均配当
  2. 名古屋競輪の車番別成績
  3. 名古屋競輪の出目データ
  4. 名古屋競輪のスジ車券率
  5. 名古屋競輪の万車券率

この分析結果を押さえることができれば名古屋競輪の特徴は完璧と言えるほどなので、是非最後までチェックしてください!

名古屋競輪の平均配当

平均配当は、その競輪場の特徴が顕著に表れます。

様々な要因で荒れやすい競輪場の平均配当は当然高くなる。

当然、逆もまた然りです。

つまり、平均配当を集計し分析することで名古屋競輪の特徴が顕になるということ。

ということで、以下条件で平均配当を独自に算出し、分析してみました。

期間 2022年1月〜2022年12月
条件 ・グレード別/クラス別/レース種別の3つで分析
・全券種で算出

それぞれで詳しく解説していきます。

F2レースは全国平均よりも高めの配当がつく

まずは、名古屋競輪のグレード別の平均配当を見てみましょう。

  名古屋競輪 全国平均
G1 G2 G3 F1 F2 G1 G2 G3 F1 F2
開催回数 44 40 155 206
2枠複 1,033円 872円 1,137円 1,028円 1,179円 1,233円
2枠単 1,762円 1,535円 2,086円 1,953円 2,153円 2,245円
2車複 1,460円 1,164円 1,063円 1,578円 2,160円 2,099円 2,073円 1,234円 1,232円
2車単 2,868円 2,006円 2,271円 3,066円 4,465円 4,313円 4,259円 2,492円 2,426円
ワイド 828円 681円 494円 545円 842円 852円 787円 487円 519円
3連複 4,654円 2,926円 2,044円 2,182円 4,641円 5,135円 4,811円 1,966円 2,012円
3連単 26,296円 13,673円 11,645円 13,392円 24,856円 31,619円 29,748円 12,033円 11,894円

名古屋競輪は全国の平均配当と比較して、全体的に低めの配当が出ていることが分かりました。

特に、G2レースは半分以下です。

ただ、開催回数が最も多いF2レースを見てみると・・・

2,000円未満の差ではありますが、全国平均よりも高めの配当がついています。

つまり、普段行われているレースは多少荒れる可能性があるということです。

高配当に期待しすぎて穴予想をするのはおすすめできませんが、人気通りの決着になりやすいわけではないということは押さえておきましょう。

セオリー通りの結果になりやすい

次に、名古屋競輪のレース種別の平均配当です。

  名古屋競輪 全国平均
決勝 準決勝 特別優秀戦 選抜戦 特別一般戦 一般戦 予選 決勝 準決勝 特別優秀戦 選抜戦 特別一般戦 一般戦 予選
開催回数 30 72 79 40 17 44 161
2枠複 1,710円 408円 1,049円 1,542円 342円 535円 855円 1,822円 947円 1,113円 1,115円 1,317円 1,193円
2枠単 2,325円 930円 2,049円 1,842円 1,241円 655円 1,625円 2,816円 1,762円 2,005円 2,203円 2,582円 2,194円
2車複 1,378円 1,307円 1,729円 1,353円 1,458円 1,434円 1,119円 1,324円 1,138円 1,411円 1,751円 1,438円 1,495円 1,229円
2車単 2,490円 3,251円 3,420円 2,096円 4,587円 2,750円 1,966円 2,591円 2,356円 2,777円 3,624円 2,619円 3,001円 2,432円
ワイド 606円 608円 593円 624円 654円 510円 519円 507円 507円 554円 586円 573円 569円 532円
3連複 2,933円 2,863円 2,617円 2,637円 2,560円 2,369円 1,979円 2,124円 1,996円 2,466円 2,833円 2,256円 2,632円 2,203円
3連単 13,620円 19,278円 14,800円 15,644円 19,008円 14,692円 9,708円 12,436円 12,268円 14,563円 18,390円 14,327円 16,879円 12,820円

グレード別に続き、レース種別でも全国の平均配当と比べると平均またはそれ以下。

つまり、名古屋競輪はセオリー通りの結果になりやすいと言えます。

ただ、これはあくまで平均配当。

天候が荒れた場合や不確定要素が重なる時はこれに限りません。

このことをしっかりと理解した上で予想しましょう。

A級の7車立てレースは荒れ気味!

最後、クラス別の平均配当になります。

  名古屋競輪 全国平均
S級(9車) S級(7車) A級(9車) A級(7車) L級 S級(9車) S級(7車) A級(9車) A級(7車) L級
開催回数 79 88 246 31
2枠複 974円 535円 1,075円 929円 773円
2枠単 1,694円 655円 2,063円 1,672円 1,511円
2車複 1,287円 905円 1,582円 949円 1,984円 1,119円 4,419円 1,103円 1,079円
2車単 2,405円 1,809円 3,234円 1,426円 4,030円 2,246円 12,661円 2,199円 2,161円
ワイド 761円 475円 558円 421円 755円 442円 1,247円 461円 422円
3連複 3,750円 1,979円 2,292円 1,717円 4,685円 1,842円 9,012円 1,800円 1,632円
3連単 19,459円 9,244円 14,775円 8,611円 28,409円 10,807円 22,910円 11,015円 9,291円

クラス別で見ても、全体的に全国の平均配当よりも低め。

しかし、A級7車立てのレースは名古屋競輪の方が配当が3,000円以上も高いという結果になりました。

開催回数が最も多いA級7車立てのレースの平均配当が高めというのは、グレード別で見た時と同じく「普段は多少荒れる可能性がある」と言えます。

なので、名古屋競輪の特徴をしっかりと抑え、普段から気を使った予想をするようにしましょう。

名古屋競輪の車番別成績【4番車の勝率が若干高め】

競輪には、独自の暗黙のルールが存在。

その中の一つに1番車には強い選手を配置し、4・6・8番車には比較的弱い選手を配置するというものがあります。

つまり、今紹介した4車に関してはその勝率や3連対率に大きな差が生まれるという事。

そんな4車に注目してみて見ると、名古屋競輪場の新たな特徴が見えてくるのです。

ということで、名古屋競輪の公式サイトを参考に名古屋競輪の車番別成績を算出しました。

番車 勝率 連対率 3連対率 出走数 着別成績
1 29.8% 44.5% 58.2% 416 124-61-57-174
2 17.8% 34.0% 51.6% 415 74-67-73-201
3 13.2% 30.5% 43.3% 416 55-72-53-236
4 10.8% 28.2% 43.1% 415 45-72-62-236
5 12.5% 26.9% 42.1% 416 52-60-63-241
6 3.4% 8.4% 19.5% 415 14-21-46-334
7 12.0% 25.8% 38.1% 415 50-57-51-257
8 2.6% 2.6% 10.5% 38 1-0-3-34
9 10.5% 23.7% 39.5% 38 4-5-6-23

全体的に見ると平均的な戦績。

しかし、4番車の勝率が若干高めと少し異なる点もあります。

名古屋競輪場では、4番車の選手がどのような走りを得意とするのかが鍵になってくるかもしれませんね。

この車番別成績は名古屋競輪の大きな特徴とも言えるので、必ず押さえておきましょう。

名古屋競輪の出目データ

出目はその競輪場の特徴が最も表れると言っても過言ではない指標。

前述した競輪の暗黙のルール通りに決まるのであれば、4・6・8は名古屋競輪の出目ランキング上位にはランクインしないでしょう。

つまり、1番車を軸にした出目が多ければ順当な決着が多い競輪場ということに。

ということで、今回は2022年1月〜2022年12月に絞り、名古屋競輪の出目データを以下4つの券種で調査。

  • 2車複
  • 2車単
  • 3連復
  • 3連単

それぞれ上位10個の出目を算出しつつ、詳しく分析していきます。

2車複

まずは2車複から。

上位10個の出目は以下になります。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2 47 647円
2 2-4 37 864円
3 1-5 34 1,155円
3 1-4 34 721円
5 1-7 30 1,000円
6 1-3 28 730円
7 3-7 27 1,564円
8 3-5 25 1,027円
9 2-3 22 724円
10 2-5 19 1,393円

10位中5つに、1番車が絡む結果になりました。

名古屋競輪で2連複予想する際、1番車は安牌と言えそうです。

しかし、配当が低めなのでトリガミに注意しましょう。

2車単

次に、2車単です。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2 29 776円
2 1-4 28 1,034円
3 1-5 21 1,291円
4 1-7 20 1,913円
5 4-2 18 1,653円
5 2-4 18 1,621円
7 2-1 17 2,044円
8 2-3 16 1,568円
8 1-3 16 1,074円
10 7-3 15 5,877円

2車単でも、1番車が最も多くの出目に絡む結果に。

他には、2番車が多くの出目に絡んでいます。

しかし、注目すべき出目は「7-3」。

5,877円の高配当がついていて、出現回数も多めです。

名古屋競輪で予想する際、2車単で「7-3」の出目も加えると良いかもしれませんね。

3連復

続いて、3連複です。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2-4 54 868円
2 1-2-5 43 1,251円
3 1-2-3 38 312円
4 1-3-7 32 2,324円
4 1-2-7 31 1,743円
4 1-5-7 29 1,466円
7 3-5-7 28 1,761円
8 1-3-4 28 2,144円
9 2-4-5 28 1,777円
10 1-3-5 27 1,419円

3連複の出目データでも1番車が圧倒的に多いことがわかります。

ただ、他の出目データ同様に配当が少なめなのが気になるところ。

比較的配当がついているのは7番車が絡む出目です。

なので、1・7番車を含めた買い目が良いかもしれませんね。

3連単

最後に、3連単です。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2-4 14 3,251円
2 1-7-2 10 7,369円
3 1-4-3 9 5,504円
4 4-2-1 8 8,029円
4 2-4-1 8 5,724円
6 2-1-5 7 7,253円
7 7-3-1 6 70,932円
7 1-4-6 6 12,740円
7 1-7-5 6 11,752円
7 7-1-5 6 5,672円

全ての出目に1番車が絡む結果に。

中でも「7-3-1」の出目は70,932円と高配当がついています。

さらに、この出目は出現回数も多めです。

2車単でも高配当且つ出現回数が多かった「3-7」の出目。

名古屋競輪で予想する際、1・3・7番車は鉄板と言って良いでしょう。

名古屋競輪のスジ車券率は平均的!

競輪において、スジ車券率を把握することは非常に重要。

事実、ほとんどのレースで2車単の1番人気はスジ車券になります。

このスジ車券が出やすいか否かで名古屋競輪の特徴が分かるでしょう。

ということで、スジ車券率を調査した結果がこちら。

順位 周長 レース数 みなし直線距離 スジ車券 スジ違い
18 400m 1,303 58.8m 48.32% 51.68%

スジ車券は全体の48.32%という結果になりました。

400mバンクの中で18位とほぼ平均です。

スジ車券率の方が低いのは、みなし直線距離が若干長く決着が最後までもつれ込みやすいからでしょう。

名古屋競輪の最大の特徴である「カントのキツさ」も顕著に現れていると言えます。

名古屋競輪場の基本情報について

名古屋競輪の特徴は理解できたでしょうか!

ここまで名古屋競輪のことについて学んだら、実際に名古屋競輪に足を運んで勝負してみたくなると思います。

ということで、名古屋競輪場の基本情報をご紹介しましょう!

名古屋競輪場のアクセス

所在地
〒453-0053 名古屋市中村区中村町字高畑68番地
徒歩の場合 地下鉄遠山線・中村日赤駅から徒歩12分
車の場合 東名阪自動車道・名古屋西IC下車約14分
タクシーの場合 東名阪自動車道・名古屋西IC下車約14分
電車の場合 地下鉄遠山線・中村日赤駅から徒歩orタクシー
無料バスの場合 地下鉄本陣駅から約30分※時刻表はこちら

名古屋競輪場へ訪れる際は、電車から徒歩がおすすめです。

無料送迎バスも運行していますが、新型コロナウイルス感染症対策のため、運行本数が減っています。

利用される際は、事前に運行状況を名古屋競輪公式サイトで確認しておきましょう。

名古屋競輪場の施設

入場無料の競輪場もあれば、料金がかかる競輪場もあります。

加えて、特別席でみたい!と思ってもお金が無ければ入れません。

ということで名古屋競輪場の入場料・特別観覧料のそれぞれの料金をまとめました。

一般入場料 無料
特別観覧席 200円
ロイヤルルーム 3,000円

名古屋競輪場の入場料金は50円です。

屋内にある一般観覧席は、複数のモニターがついていて誰でも競輪を楽しむことができます。

その他、別途料金で入れる特別観覧席・ロイヤルルームなどは、ドリンクサービスや喫煙所が設置されていて、より快適に競輪を観ることが可能。

大きな勝負や複数人で勝負する際は、ぜひ利用してみてください。

名古屋競輪場の地元有名選手

競輪選手は、基本的に生まれ育った地域にある支部に所属し、その競輪場で練習しています。

そのため、地元選手は地の利を活かすことができるので他の選手よりも有利ということに。

名古屋競輪場で実際に予想する際は、絶対に注目しておきたい情報です!

ということで、名古屋競輪の有名・人気の地元選手を2名ピックアップしてご紹介します。

デビュー戦で完全優勝「吉田敏洋選手」

直近4ヶ月の成績
名前(年齢) 吉田 敏洋(43) 勝率 18.8%
級班 S級 1班 3連対率 65.6%
脚質 1着 6回
競走得点 106.02 2着 10回
総出走回数 32回 3着 5回

名古屋競輪を代表するS級選手。

デビューで完全優勝を果たした選手として有名です。

今期の3連対率は56.2%と驚異的。

特別競輪にも多く出走する選手なので、必ず抑えておきましょう。

期待の若手「當銘直美選手」

直近4ヶ月の成績
名前(年齢) 當銘 直美(26) 勝率 22.2%
級班 L級 1班 3連対率 70.4%
脚質 1着 6回
競走得点 53.70 2着 7回
総出走回数 27回 3着 6回

第114期生の期待の若手選手!

デビューから大きな大会での優勝などはありませんが、今期は慣れもあったのか波に乗っています。

そんな當銘直美選手の3連対率を見てみると・・・

なんと70.3%!

勝率はそこまで高くないものの、車券に絡む可能性はとても高いと言えます。

必ずチェックしておきましょう。

名古屋競輪に関するQ&A

今回、名古屋競輪の特徴についてまとめていた中で、競輪予想サイト解体新書の利用者様から様々な質問を頂きました。

ということで、最後にその質問にお答えしようと思います。

名古屋競輪のライブ映像はどこで見れる?おすすめはある?

競輪予想サイト解体新書では、競輪場の特徴と共にライブ映像ページをご用意しています。

>名古屋競輪のライブ映像はこちら

そこから「名古屋競輪場」をタップしていただき「ライブ映像はこちら」と書かれている箇所をタップ。

そうすれば、名古屋競輪開催中に限りライブ映像を見ることができます。

是非活用してみてください。

名古屋競輪の予想を出してる競輪予想屋・競輪ブログはある?

ガールズケイリンに特化している競輪予想屋や全競輪場の予想を公開しているブログは確認できました。

しかし、名古屋競輪に特化しているブログや予想屋は確認できていません。

引き続き調査しますので、見つけましたら追記いたします。

名古屋競輪の特徴まとめ

今回は、名古屋競輪の特徴・バンクのクセ・傾向など詳しく分析しご紹介してきました。

いかがだったでしょうか!

まとめると以下の通り。

  • 名古屋競輪の最大の特徴はキツめのカント
  • 名古屋競輪はセオリー通りの展開になりやすい
  • 最も多い決まり手は「差し」
  • 1着の脚質で多いのは「追」
  • 雨量が多めな地域
  • 季節の変わり目は突風に注意
  • 普段のレースは若干平均配当が高め
  • グレードレースよりもF2レースの方が稼ぎやすい

名古屋競輪場は、セオリー通りの展開になりやすい競輪場。

しかし、競輪はギャンブルのため定石が通用しないことも多々あります。

そのため、今回ご紹介した特徴をしっかりと押さえて予想するようにしてください!

そうするだけで間違いなく勝率は上がるでしょう。

手っ取り早く名古屋競輪で勝ちたいなら!

ここまで名古屋競輪の特徴をご紹介してきましたが、正直覚えるのも、自分のものにするのもかなりの時間がかかります。

ということで、誰でもてっとり早く名古屋競輪で勝てる方法を伝授します!

それは名古屋競輪で好成績を収めている競輪予想サイトを使う方法です。

競輪予想サイトとは、長年競輪予想で実績を残してきたプロが自身の予想を無料で公開しているサイト。

(私が名古屋競輪で勝負する際、この2サイトを参考に勝負していますw)

自分で予想したい方には確実に参考になるので、是非登録してみてください。

ちなみに・・・

どちらのサイトも30秒で終わる完全無料登録で完結する上に、個人情報流出などの危険性もないことも分かっているので、ご安心ください。

名古屋競輪で勝率を上げたい方向け「競輪神風」

競輪神風

名古屋競輪でとにかく勝率を上げたい方は【競輪神風】

直近の成績は以下の通り。

戦績 5戦5勝0敗 的中率 100% 回収率 448%
平均投資 5,000円 平均払戻 22,420円
合計収支
25,000円
112,100円
収支 +87,100円

的中率100%!

無料予想とは思えないほどの的中率です!

「予想サイトなに使えば良いかわからない・・・」

「トリガミ多い」

なんて方は是非登録してみてください!

毎日無料予想を公開しているので、名古屋競輪でも十分稼げるでしょう!

必ず押さえておきたいサイトです。

スクロールできます
スクロールできます
スクロールできます
公式サイトをみる
無料予想記事
口コミ記事
概要記事

名古屋競輪で大きく稼ぎたい方向け「ケイリン宝箱」

ケイリン宝箱

名古屋競輪で大きく稼ぎたい方は【ケイリン宝箱】です!

直近の成績は以下の通り。

戦績 12戦9勝3敗 的中率 75% 回収率 482.5%
平均
投資
10,000円 平均
払戻
48,250円
合計収支
120,000円
579,000円
収支 +459,000円

回収率482.5%!

競輪神風に比べると若干劣るものの、ここまで大きく回収できる競輪予想サイトはそうありません。

名古屋競輪で開催されるレースで、大きく稼ぐことができるでしょう!

「とにかく大きく稼ぎたい!」

「払い戻し重視!」

なんて方にはおすすめです!

公式サイトをみる
無料予想記事
口コミ記事
概要記事

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

評価※必須

※五段階でサイトの評価をつけてください

口コミの内容※必須

項目

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

アンケート

Q1.この予想サイトの満足度は?

Q2.この予想サイトの参加回数は?

Q3.この予想サイトを利用して獲得した収支は?

Q4.この予想サイトをまた利用したいと思いましたか?

LINE公式アカウントバナー

競輪には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競輪予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード