header_logo

【神山雄一郎】数々の伝説を残してきたレジェンドに迫る!現在や全盛期の成績、再婚の噂など調査しました

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回は、競輪界の伝説と呼ばれている超一流選手「神山雄一郎」について皆さんに紹介します。

神山雄一郎の写真

様々な業界で歴史や記録を作ってきたレジェンドと呼ばれる存在。

競輪界においても、その功績を認められた選手の名前を冠したレースがあることをご存知の方も多いでしょう。

ですが、それらはすべて現役を引退した選手であり、今なお走り続けるレジェンド競輪選手は多くありません。

今回は、歴史ある競輪の中でも、現役で走り続けるレジェンド競輪選手「神山雄一郎」について調べ上げます。

この記事では、神山雄一郎選手の生涯獲得賞金や勝利数、衝撃のエピソードの数々など書いていくので、ぜひ最後までご覧ください。

神山雄一郎ってどんな選手?

神山雄一郎の写真2

まずは、神山雄一郎選手の簡単なプロフィールからご紹介しましょう。

表記 神山 雄一郎(かみやま ゆういちろう)
生年月日 1969年4月7日
年齢 54歳
出身地 栃木県
身長 180.0cm
体重 87.0kg
血液型 B型
期別 61期
ホームバンク 宇都宮競輪場
自転車競技歴 1995 世界選手権1kmT.T 7位(1分02秒910日本新)
1995 ワールドカップ第3戦1kmT.T 2位 第4戦ケイリン4位
1995 オリンピックS 3位
1996 アトランタオリンピック1kmT.T 7位
1998 アジア大会スプリント優勝
2000 シドニーオリンピック ケイリン敗者復活戦失格・オリンピックS 5位
2002 アジア大会釜山 チームスプリント優勝
1989 競輪祭新人王
1995~1997・2000 競輪祭競輪王
1993・1997・1999・2004・2005 オールスター競輪優勝
1994・1995 高松宮杯競輪優勝
1995 全日本選抜競輪優勝
1996・1997・2000 寛仁親王牌世界選手権記念トーナメント優勝
1993・1997・1998・2001・2002 共同通信社杯優勝
1993・1998 ふるさとダービー優勝
1999 日本選手権競輪優勝
2011 被災地支援サマーナイトフェスティバル優勝
2015 共同通信社杯優勝
好きな食べ物 果物・寿司・焼肉
嫌いな食べ物

神山雄一郎選手は栃木県出身の61期の競輪選手です。

現役生活20年超で獲得したタイトルの多さ、そして、今なお競輪界のトップグループで戦い続けていることが驚き。

神山雄一郎選手は競輪ファンだけではなく、多くの選手に尊敬される存在でもあります。

中には、神山雄一郎選手のフレーム(通称:神山フレーム)を他の選手が真似る、譲り受けるなんてこともあるのだとか。

同じ現役選手なのでライバルでもありますが、若い選手が神山雄一郎選手から学ぶことは多いのでしょう。

神山雄一郎の高校時代は?

自転車店を営む父親の影響で、幼い頃から自転車が趣味だった神山雄一郎選手。

小学校時代から、神山選手は片道50kmほどのサイクリングをこなしたりしていたそうです。

中学校では剣道部に所属しましたが、県大会16位という成績が不満だった神山雄一郎選手は、自身の強みである自転車競技ができる高校へと進学します。

名門である作新学院高等学校へ入学、約40kmの道のりを自転車通学していたのだとか。

作新学院自転車部に入部した神山選手は、そこで本格的に自転車競技を開始。

そして、神山雄一郎選手は、高校3年生の時に以下の戦績を残しています。

  • インターハイ1000m部門 優勝
  • 国民体育大会1000m部門 優勝

神山雄一郎選手は、インターハイと国体で優勝していました。

まさに、自身の脚力という強みを活かした結果と言えそうですね!

競輪学校在校順位1位で卒業!

インターハイと国体で優勝した実績を買われ、神山雄一郎選手は1次試験免除などの高待遇で入学した競輪学校。

もちろん、そこでも神山雄一郎選手は周囲の期待に応えます!

神山雄一郎選手の競輪学校時代の成績をご覧ください。

1着 110回
2着 7回
3着 3回
着外 1回
在校成績 1位
卒業記念レース 1・1・1・1・(1)

凄すぎて思わず笑ってしまうような好成績ですね。

1着率が90%なんて、逆に神山雄一郎選手が負けたレースの方が気になるほど。

後に、競輪界のレジェンドとなる雰囲気が、この成績からも伝わってきます。

神山雄一郎が競輪選手になったキッカケは?

それでは、神山雄一郎選手が競輪選手になったキッカケは何だったのでしょうか?

実家が自転車店を営んでいた神山雄一郎選手。

片道1時間の自転車通学。

そして、作新学院自転車部での練習を終え自宅に帰っても自転車店と正に自転車に囲まれた生活だった神山選手。

高校在学中には「競輪選手(プロ)」か「オリンピック(アマ)」の進路で迷っていたそうです。

当時はプロの競輪選手は、オリンピックに出場できなかったので、神山選手は悩んだのでしょう。

しかし、進路に悩んでいた1985年、父親に連れられて出掛けたKEIRINグランプリ(立川競輪場)を見て神山雄一郎選手の気持ちは決まります。

場内の熱気や選手たちのかっこ良さに魅せられ、神山選手は競輪選手になることを決意したそうです。

また、神山雄一郎選手はこう思っていたのだとか・・・

中野浩一や滝澤正光、井上茂徳、本田晴美らプロの選手がどのくらい強いのか挑戦してみたい気持ちもあった。

自信があるとか自惚れているのではなく、純粋に「強い人と戦ってみたい」という気持ちだったのでしょう。

高校生の時点でそこまでイメージしている人はおそらくいません。

神山選手にとって競輪はまさに天職だったのでしょう。

神山雄一郎のデビュー戦・初勝利について

圧倒的な勝率を残し競輪学校を卒業した神山雄一郎選手。

そんな神山雄一郎選手のデビュー戦は、どんな感じだったのでしょうか?

神山雄一郎選手のデビュー戦は、1988年5月8日に花月園競輪場(神奈川県横浜市にあった競輪場)で行われたB級戦。

30年以上前のレースなので、残念ながら詳細は分かりませんでしたが、神山雄一郎選手はデビュー戦で見事に初勝利を飾っていたようです!

そればかりか、デビュー節では完全優勝を達成した神山選手。

いわゆる鳴り物入りでデビューした神山雄一郎選手ですが、前評判通りの活躍だったようですね!

神山雄一郎S級昇格までの期間で挫折を経験

完全優勝という完璧なデビューを飾り、7ヶ月ほどでS級昇格した神山雄一郎選手。

勢いに乗った若手選手が、最短3~4ヶ月でS級昇格を達成することを考えると少し物足りない気がします。

後に、神山雄一郎選手が語っていますが、A級での足踏み期間は当時「挫折」と感じていたのだとか。

これまでが凄すぎたので、この数ヶ月が神山選手にとっては挫折だったのでしょうね。

しかし、神山雄一郎選手は、戦法を先行1本にしたことで成績が安定したのだとか。

後のことを考えれば、若い頃のA級での挫折や苦い経験が活きているのかもしれません。

従兄弟の神山拓弥も競輪選手!実は弟子だった!

競輪界には師弟関係があり、共に練習したり、礼儀などを教わることが多いようです。

神山雄一郎選手にも弟子が2人居り、その内の1人に神山拓弥選手(91期・栃木)という名前がありました。

調べてみると、神山拓弥選手は神山雄一郎選手の父方の従兄弟なのだとか!

ちなみに、弟子ではありませんが、神山雄一郎選手には母方の従兄弟である大橋徹選手(72期・栃木)も居ます。

競輪選手の中には、親子や兄弟といった血縁関係者も多いのですが、従兄弟が競輪選手で、しかも弟子というのは珍しい環境です。

神山雄一郎の全盛期・伝説・偉業について

さて、ここからは神山雄一郎選手の全盛期の伝説や偉業を紹介していきましょう!

とは言え、神山選手の30年の競輪人生をすべて語るには限界もあります。

そこで今回は、厳選した5つのエピソードをピックアップしてお届け。

では、神山雄一郎選手の伝説・偉業をどうぞご覧ください!

競輪選手史上初となる・グランドスラム達成!

神山雄一郎の写真3

神山雄一郎選手は現行の4日制・6レースとなって以降、競輪選手史上初となるグランドスラムを達成しています!

グランドスラム(特別競輪全冠制覇)とは・・・

4日制以上のすべてのGⅠレースで優勝すること」、すなわち『全日本選抜競輪』『日本選手権競輪(競輪ダービー)』『高松宮記念杯競輪』『オールスター競輪』『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』『競輪祭』の6つのレースを制覇すること

これ以前に、井上茂徳さん、滝澤正光さんがグランドスラムを達成していますが、お2人が達成した時代には寛仁親王牌がありませんでした。

つまり、現行の6レースでは神山雄一郎選手が初のグランドスラム達成者です。

しかも、これまでにグランドスラムを達成したのは神山雄一郎選手ただ1人。(2022年7月現在)

獲得年 獲得タイトル
1995 全日本選抜競輪
1999 日本選手権競輪
1994・1995 高松宮杯競輪
1993・1997・1999・2004・2005 オールスター競輪
1996・1997・2000 寛仁親王牌世界選手権記念トーナメント
1995~1997・2000 競輪祭

ひとつでも獲るのが難しいG1を全制覇してしまうなんて・・神山雄一郎選手がレジェンドと呼ばれることに誰も異論は無いでしょう。

実際に神山雄一郎選手がグランドスラムを達成した動画がYouTubeにアップされていました。(1999年3月30日・日本選手権競輪・静岡)

しかし、そんな神山雄一郎選手ですが、KEIRINグランプリでの優勝はありません。

KEIRINグランプリで優勝するということは、強さ以外の要素も必要になるので一般人には理解できない世界なのかもしれません。

神山雄一郎の伝説のレース

神山雄一郎のライバルレース画像

全盛期の神山雄一郎選手には、年齢の近いライバルが居ました。

そのライバルとは、現在は競輪解説者として知られる吉岡稔真さん。

2人はその強さから「東の横綱・神山雄一郎」「西の横綱・吉岡稔真」と呼ばれていたそうです。

そんな2人の熱戦のひとつに、後に伝説と呼ばれるほどのレースがありました。

立川競輪場で1995年12月30日に開催されたKEIRINグランプリ95がその舞台。

この年はG1タイトルを3つ獲得した神山雄一郎選手が、優勝候補の大本命。

打鐘後、先行する神山選手に対し、中団後方で様子をうかがう吉岡選手。

徹底先行となった神山選手のスピードは衰えませんが、脚を溜めていた吉岡選手も最終3角から一気に加速。

ゴール線上でわずかに差し抜けた吉岡稔真選手が、自身2度目のKEIRINグランプリ制覇となりました。

ちなみに、この伝説のレースは吉岡選手に軍配が上がったものの、グランドスラムを達成できぬまま引退。

ただ強いだけでは勝てない競輪の奥深さが伝わってきますね。

神山雄一郎が800勝を達成!

1988年にデビューし、競輪選手としての現役生活も30年を超えた神山雄一郎選手。

そんな神山雄一郎選手は、勝利数もなんと800勝を達成していました!(2014年7月29日・函館)

現役競輪選手としては、もちろんナンバー1の記録です!

800勝達成後も勝利数を積み重ねる神山雄一郎選手、その中には特別競輪の優勝も含まれており、その数なんと16回!(史上最多記録)

しかし、そんな勝利も、グランプリには届いていないのが不思議ですね。

神山雄一郎の結果

そんな神山雄一郎選手は、自身の54回目の誕生日である2022年4月7日に891勝目を挙げています!

900勝も目前の神山雄一郎選手の活躍に期待しましょう!

オールスター連続出場更新中!

50歳を超え、今なおS級で戦い続ける神山雄一郎選手。

競輪ファンの投票で選ばれるオールスター競輪の出場歴も凄かった!

なんと1990年の初出場から2021年まで、32回連続でオールスター競輪に出場しています。

神山雄一郎選手のオールスター競輪全成績は以下の通り。

開催年 開催場 成績
1990 宇都宮 6.3.9.3
1991 高松 8.5.3.7
1992 名古屋 9.失.4.7
1993 宇都宮 2.1.3.(1)
1994 いわき平 落.1.1.(8)
1995 熊本 3.2.1.(2)
1996 岐阜 1.1.2.(2)
1997 平塚 3.1.1.(1)
1998 一宮 1.2.1.(5)
1999 甲子園 7.2.2.(1)
2000 高知 8.1.1.(6)
2001 岐阜 2.5.1.1
2002 熊本 1.2.2.(6)
2003 一宮 8.5.8.4
2004 西武園 5.2.1.(1)
2005 名古屋 6.1.2.(1)
2006 花月園 4.3.6.4
2007 高知 1.4.8.6
2008 一宮 2.8.1.(4)
2009 松山 7.1.2.(2)
2010 いわき平 5.2.2.(4)
2011 岐阜 1.1.8.1
2012 前橋 3.7.落.2
2013 京王閣 5.3.5.6
2014 前橋 4.6.3.(2)
2015 松戸 4.7.1.(2)
2016 松戸 6.7.7.2
2017 いわき平 6.6.9.8
2018 いわき平 3.9.落
2019 名古屋 8.4.1
2020 名古屋 6.6.8.9
2021 いわき平 5.5.8.落

2022年も選出されている神山雄一郎選手、この記録は今も更新中!

2022年のオールスター競輪ではどんな成績を残すのか、今から気になってしまう方も多いのではないでしょうか。

神山雄一郎の生涯獲得賞金が25億円を突破!【2022年7月9日現在】

神山雄一郎の優勝画像

数々に偉業を達成してきた神山雄一郎選手、気になるのは生涯稼いできた賞金。

ここでは、神山雄一郎選手の生涯獲得賞金額について深堀していきます!

神山雄一郎選手の生涯獲得賞金の記録は以下の通り。

  • 年間賞金王は5回。(1993、1995、1997~1999)
  • 1997年には年間獲得賞金が2億円を突破!
  • 2012年6月には生涯獲得賞金額が25億円を超える!(24年2ヶ月で達成)
  • 2018年末には生涯獲得賞金額は28億円を突破!

年間賞金王を5回も獲得している神山雄一郎選手ですが、前述した通り、グランプリを獲得していません。

年間賞金王になった年も、2億円を突破した年も、グランプリの優勝という大幅な賞金の上積みは無かったということです。

優勝回数の多さが金額で物語っています。

ちなみに、神山雄一郎選手の生涯獲得賞金25億円は、引退・現役選手問わずに競輪史上最多額です。

賞金額の大幅増などが無い限り、今後しばらく、神山雄一郎選手の記録を抜く選手は現われないでしょう。

神山雄一郎の現在について

神山雄一郎の現在

全盛期にはS級S班に在籍し、数々の偉業を達成してきた神山雄一郎選手。

KEIRINグランプリ16回出場など、すべての競輪選手の目標とも言えそうです。

しかし、過去にはS級2班に降格したこともあるのだとか。

調べてみると、2019年上期にほぼ連続となる3回の失格処分があったのが原因のようです。

これにより、神山雄一郎選手が持つデビュー後2年目から続いたS級1班の在籍記録も途絶えることに。(2020年1月よりS級2班)

その後、2020年下期にはS級S班に復帰した神山選手ですが、2022年7月からはS級2班に再び降格となりました。

年が年なだけに代謝対象にならないか心配な競輪ファンも居るかも知れませんが、競走得点的には問題ありません。

S級2班に降格したとは言え、まだまだ神山雄一郎選手の活躍に期待しましょう。

神山雄一郎が引退騒動について

50歳を超えた神山雄一郎選手ですから、引退については多くの競輪ファン、ネットでも度々話題になっています。

たしかにS級2班への降格も、引退の理由として考えられるので無理もないでしょう。

ただし、神山雄一郎選手自身は、今すぐ競輪選手を引退する意思は無さそうです。

神山雄一郎選手が引退を意識したのは、2014年2月の全日本選抜決勝での腓骨を骨折する大怪我をした時。

47歳になる直前での大怪我は、引退を考えるのに充分のように思えます。

しかし、神山雄一郎選手の出した結論は現役続行でした。

そこで、改めて競輪が好きなこと、勝った時の喜びを考えたのだとか。

ただ、神山雄一郎選手は自身の判断で引退を決められる立場ですから、いつ引退を決断するかは本人次第。

観戦できる機会があれば現役で走るレジェンドの姿を見ておきたいですね!

神山雄一郎の結婚事情について調査!離婚・再婚の噂や子供がいるって本当?

ここでは神山雄一郎選手が結婚しているのか調査してみました!

調べて見た結果・・・

神山雄一郎選手は結婚し、息子さんがいることが分かりました。

しかし、時代なのか、神山選手の性格なのか、詳細は一切不明。

奥さんがどんな方なのか、出会いの経緯といったエピソードは出てきませんでした。

また、神山雄一郎選手は離婚され、その数年後のインタビューで奥さんについて触れているので再婚もされているようです。

また、モデルの中村アンさんとの熱愛も噂されましたが、こちらは中村アンさんがインタビューで理想のタイプを「神山雄一郎選手!」と答えたことによるあくまでも噂のようです。

神山雄一郎選手のように、私生活が表に出ないと変な噂が立ってしまうのかも。

神山雄一郎のSNSについて

最近では新人の頃からSNSを使った情報発信が当たり前になってきましたが、神山雄一郎選手はSNSをやっているのでしょうか?

調べてみると、神山雄一郎選手がSNSを使っていないことが分かりました。

神山選手と同世代でも引退後に始める方も多いので、必要に迫られれば神山雄一郎選手もSNSを始めるかもしれません。

神山雄一郎のまとめ

レジェンド競輪選手・神山雄一郎選手については以上です。

まとめると以下の通り。

  • 神山雄一郎選手は栃木県出身の61期の競輪選手
  • 実家が自転車店であるため幼い頃より自転車が好きだった神山雄一郎選手
  • 自転車を高校から本格的に始め、作新学院3年生の時にはインターハイと国体で優勝
  • 競輪学校では勝率90%、在校成績1位、卒業記念レース優勝という怪物ぶりを発揮
  • 競輪選手になったキッカケは中野浩一や滝澤正光と戦ってみたい気持ちだった
  • 神山雄一郎選手はデビュー節で完全優勝を果たした
  • 神山雄一郎選手はS級までに7ヶ月かかった
  • 神山雄一郎選手の弟子の神山拓弥選手は従兄弟
  • 競輪界史上初のグランドスラムを達成した神山雄一郎選手
  • 吉岡稔真選手とのKEIRINグランプリ95でのレースは伝説と呼ばれている
  • 現役最多の800勝、G1優勝16回、獲得賞金額25億円などの記録を持つ

全盛期の強さもさることながら、現在(2022年7月)でもS級に在籍しているレジェンド競輪選手・神山雄一郎選手。

数々の記録・偉業にも驚きますが、他の選手や記者から尊敬されていることが伝わる記事が多かった印象。

これからどれくらい現役を続けられるのか分かりませんが、神山雄一郎選手が走っている姿を1走でも多く見たい競輪ファンも多いでしょう。

競輪でコンスタントに稼げる方法を配信!

皆さんは、競輪で満足のいく利益を獲得できていますか?

競輪で稼ぐためにはまず、情報収集が必要不可欠。

そこで・・・競輪予想サイト解体新書ではLINEでも様々な情報を配信しています!

例えば!

【私が実際に登録して本当に稼げた競輪予想サイト】

などLINEでしか配信していない”特別な情報”を配信!

「現状の利益に満足していない」

「もっとコンスタントに稼ぎたい」

なんて方は、是非LINEの友だち追加をお願いします!

友だち追加は超簡単。

PCの方は、以下QRコードをスマホで読み取るだけ。

LINE誘導用画像

※競輪予想サイト解体新書のトップページ下にも掲載しています。

スマホの方は、このページ下にある「友だち追加」をクリック!

LINE追加誘導-スマホ

クリックするだけなので、30秒ほどで完了します。

競輪と長く付き合ってきたからこそわかる事も交えてご紹介するので、お見逃しなく!

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

LINE公式アカウントバナー

競輪には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競輪予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード