header_logo

韓国競輪がアツい!?韓国競輪の歴史や日本競輪との違いをご紹介!

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回は「韓国競輪」について皆さんに紹介します。

韓国競輪のTOP

皆さんは「競輪」と言えば、日本でしか行われてない公営ギャンブルだと思ってはいませんか?

実は、韓国にも「競輪」が存在します

今回は、韓国の「競輪」というものがどのようなものなのか、日本の「競輪」との違いなどについて解説していきます。

是非、最後までご覧ください。

韓国競輪の歴史をご紹介!韓国競輪誕生のキッカケは?

韓国競輪のTOP

まずは、韓国競輪の歴史から紐解いていきましょう。

韓国競輪誕生のきっかけは、1988年に行われたソウルオリンピックまで遡ります。

ソウルオリンピック委員会は、ソウル市内の広大な敷地に自転車競技場を建設しました。

オリンピック終了後、この自転車競技場を有効活用するため1991年12月31日に「競輪・競艇法」を制定し、競輪事業への本格的な取り組みが始まります。

そして法律制定から4年後の1995年10月15日、チャムシル競輪場がオープン

ここから韓国競輪の歴史がスタート。

初日の入場人数は約2,000人、7レースで行われ賭式は単勝・複勝のみ、売上は日本円で約130万と大きな注目が集まったわけではありませんでした。

しかし、ここから韓国競輪は大きな成長を遂げることとなります。

大きい原動力は、場外車券場の存在です。

日本にも場外車券場はありますが、韓国ではその設置場所が大きく異なります。

東大門(ソウル屈指の繁華街)のファッションビル内や、結婚式場内など集客力のある場所に場外車券場を設置し、新規顧客の獲得や利便性の向上をはかりました。

このことにより、毎年年間売上を伸ばし「競輪中毒」という言葉が生まれ、社会問題化するほどの人気を獲得。

この人気の背景に、2000年12月8日韓国に2つ目のチャンウォン競輪場がオープンします。

チャンウォン競輪場はグリーンドーム前橋をモデルとして作られたドーム型競輪場で、冬の厳しいソウルで行われていなかった冬季開催を可能にし、ますます売上を伸ばしていくことになりました。

このように、韓国では競輪が始まって20年しか経っていませんが、すでに韓国市民の人気を獲得し、生活の中に溶け込んでいます。

韓国競輪と日本競輪の違いについて

韓国競輪の違い

もしかすると、競輪発祥の日本より人気があるのではないかという韓国競輪ですが、その違いは何でしょうか。

韓国競輪と日本競輪の違いは次の3つが大きく関わっています

韓国競輪と日本競輪の違い①7車立てで行われている

韓国競輪はすべて”7車立て”で行われています。

日本の競輪はミッドナイト、ガールズケイリンなど7車立てで行われているレースもありますが、基本はビックレースで行われている9車立てです。

7車立ての方が当然的中率は高くなるので、人気があるのではないでしょうか。

ちなみに、日本でも完全7車立て制への移行が検討されているようです。

韓国競輪と日本競輪の違い②ラインが存在しない

実は、韓国競輪にはラインが存在しません。

これが1番の違いになるでしょう。

日本ではラインが存在し、選手がどのような連携をするか予想するのも競輪の楽しみです。

ですが、韓国競輪では禁止されていて、同じ地区出身の選手が同じレースに出走しないような配慮もされています。

韓国競輪と日本競輪の違い③横の動きが禁止

韓国競輪では横の動きを厳しく制限しています。

発足当初、韓国の選手数は少なく接触による落車で選手が欠場するとレース開催が難しくなったようです。

そのことから、落車事故を未然に防ぐためにも横の動きの制限を厳しくしました。

日本でもガールズケイリンでは、同じように横の動きを厳しく制限しています。

韓国競輪と日本競輪の違い④競輪場

韓国競輪のバンク

1991年12月に「競輪・競艇法」が制定されてから、いくつかの競輪場がオープンしました。

  • 1994年10月 チャムシル競輪場
  • 2000年12月 チャンウォン競輪場(ドーム型)
  • 2003年11月 プサン競輪場
  • 2005年12月 クァンミョン競輪場(ドーム型)

*1991年12月以降オープンした競輪場

上記のように、次々とオープンした競輪場ですが、現在はチャンウォン競輪場とプサン競輪場、クァンミョン競輪場の3つの競輪場で開催しています。

日本には333m、400m、500mと3つの異なった周長の競輪場がありますが、韓国では333mしかありません。

韓国競輪と日本競輪の違い⑤韓国競輪の年間売上

多くの国民から親しまれている韓国競輪ですが、売上はどうなのでしょうか。

韓国競輪の売上を調査しているレポートによると、2012年の売上は2兆4,800億ウォンとありました。

この額を日本円に換算すると、2,500億円もの売上となっています。

日本は43箇所もの競輪場で開催しているのに比べ、韓国では3つの競輪場しかないのを考えると、これは驚きの数字になり、それだけ熱狂的なファンが韓国にいるということでしょう。

韓国競輪と日本競輪の違い⑥レース開催数

韓国と日本の競輪では、レース数にも大きな差があります。

日本では毎日どこかの競輪場で開催が行われていますが、韓国では金・土・日の開催が基本になっているようです。

3つの競輪場しか韓国にはないことから、日本とは大きく開催数の差があります。

韓国競輪と日本競輪の違い⑦券種

日本の競輪では3連単という1・2・3着を当てる券種がありますが、韓国には存在しません

ただ、日本では発売していない単勝・複勝を発売しています。

韓国競輪はレベルが高い!?過去の日韓対抗戦の優勝者は?

韓国競輪のレベルの高さ

韓国競輪は日本競輪に劣らずレベルが高い事をご存知でしょうか。

過去に日韓対抗戦が行われ、その優勝者にも韓国競輪の選手が名を連ねています。

ということで、日韓競輪優勝者についてご紹介しましょう。

第1回 日韓対抗戦

2012年に記念すべき第1回が”伊東温泉競輪場”において行われました。

日本の村上義弘選手が優勝を飾ります。

競輪発祥の日本として、意地を見せた形になりました。

第2回 日韓対抗戦

2013年の第2回は韓国の光明(クアンミョン)競輪場で行われました。

優勝者は、韓国の金珉喆選手です。

第3回 日韓対抗戦

2015年の第3回は京王閣競輪場で開催。

優勝者は、2013年に続き金珉喆選手が優勝しました。

日本からもトップ選手が参加していることを考えれば、これは偉業とも言えるでしょう。

第4回 日韓対抗戦

2016年の第4回は昌原(チャンォン)競輪場で行われました。

優勝者は、またしても韓国の李炫求選手でした。

第5回 日韓対抗戦

2017年の第5回は光明(クアンミョン)競輪場で行われました。

優勝者は、日本の佐藤慎太郎選手でした。

第1回と、第5回を日本選手が制しましたが、第2〜4回は韓国選手が優勝している事からも韓国競輪のレベルの高さがうかがえますね。

韓国競輪で有名な選手をご紹介!「チョ・ホソン選手」について

韓国競輪の選手紹介

日韓対抗戦の結果からもレベルが高い事がわかる韓国競輪ですが、その中でも有名な選手がいます。

それは「チョ・ホソン」選手です。

ここでは、彼について簡単にご紹介しましょう。

チョ・ホソン選手は韓国競輪界で非常にレベルの高い選手として知られています。

もともと彼は競輪選手ではなく、オリンピック競技の選手でした。

オリンピックに2度出場、世界選手権で4位という成績を残していましたが、競輪に転向する際に競技性の違いから実力が出せるのかと懐疑的な意見があったそうです。

ですが、その不安も関係なく技術力の高い走行を披露しました。

過去に遡っても

「彼ほどの強い選手はいなかった」

と韓国競輪ファンをうならせています。

韓国競輪では圧倒的な強さを見せつけているチョ・ホソン選手ですが、自分のパフォーマンスには満足していなかったようです。

このようなストイックな姿勢が彼を強くしていたのではないでしょうか。

韓国競輪のまとめ

ここまで、韓国競輪についてご紹介してきました。

日本の競輪との違いなどもありますが、韓国での競輪人気の高さやレベルの高さがわかっていただけたのではないでしょうか。

公営ギャンブルとしての「競輪」が行われているのは日本と韓国の2国だけです。

そのことからも、2国が切磋琢磨して競輪が盛り上がっていく事を期待しています!

【必見】競輪で更に勝率を上げる方法を伝授します!

みなさんは競輪で満足に稼げていますか?

競輪で稼ぐためには、様々な要素を加味した予想をしなければなりません。

しかし、そのためにはかなりの手間と時間がかかります。

そこで、ここまで読んでいただけた方限定!

競輪で、誰でも簡単にとにかく勝てる方法をご紹介します!

その方法とは・・・競輪予想サイトを利用すること。

競輪予想サイトは、長年競輪予想してきたプロが自身の予想を無料で公開しているサイトです。

今回は私が実際に検証し、本当に稼げた競輪予想サイトを2つ大公開します!

この2つのサイトを利用すれば、稼げる金額がその分増える。

加えて、片方のサイトの調子が悪くてももう片方で稼げる。

リスクヘッジにも繋がります。

どちらも30秒で終わる無料登録をするだけで毎日予想を見ることができるので、是非登録してみてください!

勝率を上げたい方向け「競輪ライジン」

全日本選抜競輪【2022】おすすめのサイト

とにかく勝率を上げたい方は【競輪ライジン】

直近の成績は以下の通り。

戦績 6戦5勝1敗 的中率 83% 回収率 290%
平均
投資
10,000円 平均
払戻
28,967円
合計収支
60,000円
173,800円
収支 +113,800円

無料予想とは思えないほどの的中率!

60%を超えれば上々と言われる無料予想だけで、驚異の83%を記録。

「勝率を上げたい」

「なかなか勝てない」

なんて方にはピッタリの競輪予想サイトです。

競輪で稼ぎたいなら必ず押さえておきましょう。

>競輪ライジンの無料予想の詳細はこちら

>競輪ライジンの公式HPはこちら

大きく稼ぎたい方向け「競輪オートスタート轟」

競輪オートスタート轟のまとめ

もう一つが【競輪オートスタート轟】です。

直近の成績は以下の通り。

戦績 7戦5勝2敗 的中率 71% 回収率 314%
平均
投資
10,000円 平均
払戻
31,357円
合計収支
70,000円
219,500円
収支 +149,500円

スタート轟の回収率は過去トップクラス。

驚異の314%記録。

何度も万舟券を読み切っています。

スタート轟も競輪ライジン同様にビッグレースでも大活躍しているので、大きく稼ぎたい方にはこれ以上無いサイトと言えるでしょう。

とにかく一攫千金!なんて方は絶対に登録しておいてください。

>競輪オートスタート轟の無料予想の詳細はこちら

>競輪オートスタート轟の公式HPはこちら

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

LINE公式アカウントバナー

競輪には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競輪予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード