header_logo

競輪のラインについて徹底網羅!ライン予想の仕方や裏切り・八百長まで解説します!

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回は、競輪のラインについて紹介します。

競輪のライン_TOP

公営ギャンブルの中で最も的中率と回収率のバランスが良いとされる競輪。

しかし、他の公営競技と比較すると予想が難しいと言われています。

その要因となっているのが、競輪特有の「ライン」。

「ラインを制すものが競輪を制す」と言われるほど重要で、競輪で勝つためにはラインを無視できません。

ということで!

今回は競輪のラインについて徹底解説!

ラインの基本パターンからライン予想の仕方、八百長・裏切りまでご紹介します!

ぜひ最後までご覧ください!

競輪のラインとは?

そもそも、ラインとはなんなのか。

ラインとは、選手同士がレースを優位に進めるために組まれるチームのこと。

「競輪は団体戦から始まる」という言葉があるように、競輪ではこのラインがレース展開に大きく影響します。

なので、そこまで強くない選手でも強い選手とラインを組んだ場合、十分車券に絡む可能性もあるでしょう。

競輪において、ラインというものはそれほどまでに重要なものなのです。

ラインを組むことが禁止されているレースもある

競輪では、ラインが禁止されているレースもある

競輪予想において最も重要とされるライン。

ですが、ラインを組むことが禁止されているレースもあるのです。

それが以下の3つ。

  • ガールズケイリン
  • チャレンジレース
  • PIST6

これらは、競輪特有のラインを組まず完全な個人戦でレースを進めます。

なので、ラインの並び予想をしても無意味。

時間の無駄になってしまいます。

なので、このレースでは選手個々人の実力が顕著に現れるレース展開になることが多いので、良く覚えておきましょう。

ラインが組まれる理由

ラインというチームを組んで競争するにも関わらず、最終的にはラインに関係なく1着を決める競輪。

では、なぜこのラインが組まれるのでしょうか。

それはレースを優位に進めるためです。

例えば、序盤が苦手で終盤が得意な選手がいたとしましょう。

そんな選手が完全自力の競輪で最後までトップスピードを維持するのは、トップクラスの実力を誇っていても困難。

ましては、新人選手では活躍することすらできないでしょう。

しかし、ゴール手前まで他の選手とてを組むのであれば話は別。

序盤が得意な選手が手を組めば、お互いの不得意をカバーできるので、レースを有利にすすめることができます。

それが強い選手同士だった場合、そのラインの活躍は間違いないでしょう。

後は、最後の直線で個人戦をすればよいだけ。

つまり、選手は自分だけが勝つためにラインを組んでいるのです。

ラインのそれぞれの役割・特徴を解説!

仲間と共に勝利するために組まれるライン。

そんなラインは、以下の3つの組み合わせで構成されます。

  • 先行選手(自力型)
  • 番手選手
  • 3番手以降の選手

それぞれの役割、特徴を詳しく解説していきます。

先行選手(自力)

ラインの先頭に立つ先行選手。

この選手は「自力型」とも言われ、脚質は「逃」の場合がほとんどです。

主に、風よけとしてラインを先導する役目があります。

そんな先行選手には、実力がある選手や信頼できる選手が任されることが多く、その先行選手の強さでラインが勝てるかが決まると言っても過言ではありません。

競輪を代表する選手が務めることが多いので、自力型の選手はしっかりと把握しておきましょう。

番手選手

先行選手の後ろを走る番手選手。

自力型選手を風よけとして使い、体力を温存しながら走ることができます。

そのため、ラインの中で最も活躍しやすい立ち位置です。

ただ、番手選手は先行選手の強さに依存するため、先行選手が強くない場合、番手選手は自力で走らなくてはいけないことも。

なので、番手選手は瞬発力があるスプリンターのような選手が任されることが多いです。

3番手以降の選手

組まれたラインの最後尾を走る3番手選手やそれ以降の選手。

この選手は、内側から捲ってくるラインをブロックするという役目があります。

内側を他のラインに取られた場合、ラインが周回する距離も伸びる。

加えて、ラインがバラバラになることもあるため、それを阻止するための重要な立ち位置です。

そんな3番手選手は、比較的実力が劣る選手が務めることが競輪のセオリー。

着順を争う競輪においては不利なので、先行・番手選手と比べると勝率は低いという傾向にあります。

逆に、3番手選手が1着になるレースは高配当がつきやすいため、3番手選手の強さや並び予想はしっかりと把握しておきましょう。

ラインのパターンとそれぞれの特徴についてご紹介!

競輪におけるラインの概要やラインが組まれる理由は理解できたでしょう。

ということで次にご紹介するのは、実際のレースでどのようなラインが組まれるのか。

また、ラインの数によってどのような特徴・違いがあるのか。

など触れていきます。

まず大前提覚えてほしいのが、競輪はラインの数によってそのレースの呼び名が変わること。

主に以下の4つがあります。

  • 先行1車
  • 2分戦
  • 3分戦
  • 4分戦(細切れ戦)

それぞれ詳しく解説します。

先行1車

競輪のライン_先行1車について

先行1車とは、文字通り1人の選手が単独で先行しているパターン。

先行選手はラインを組まずに単騎で最前を走っていて、残りの選手は「追脚・捲り・オールラウンド」の選手で構成されているレースです。

このパターンでは「逃脚」という自力のみで戦う力を持つ選手が活躍する展開が多い傾向にあります。

では、なぜ先行1車のレースは「逃脚」を持つ選手が活躍しやすいのか。

それは、同じ脚質を持つ選手がいないからです。

同じ脚質の選手が他にいた場合、その選手同士で駆け引きが起きます。

その間に体力や気力が消耗し、後半で巻き返せないなんてこともあるでしょう。

一方、同じ脚質がいないレースの場合はそんな駆け引きはしなくても良い。

つまり、自分のことだけを考え、常に自分のペースで走ることができるのです。

ただ、いくら「逃脚」の選手が活躍しやすいと言えど、後方の選手の方が強ければ先行選手は捲られてしまうなんてことも起こり得ます。

加えて、1周が長い競輪場であれば先行選手は足が持たないなんてことも。

なので、後方にいる選手の強さまでしっかりと把握しておくことが重要です。

このパターンはよくあるので、必ず押さえておきましょう。

2分戦

競輪のライン_2分戦について

2つのラインで構成されるレースが2分戦です。

9車縦のレースでの2分戦はかなり珍しく、主に7人以下の選手で行われるレースで見られます。

そんな2分戦の特徴は、レース展開がわかりやすいと言う点。

主なレース展開は以下の2つしかありません。

  • 先行捲り
  • 突っ張り先行

それぞれ詳しく解説します。

先行捲り

先行捲りとは、スタートで先行を取ったラインが残り約2周のタイミングで後ろに下がり、最終周から捲りを仕掛けるパターン。

このパターンでは、スタートに先行したラインの方が強い場合、その捲りも決まりやすいです。

しかし、スタートで後ろにつけていたラインの方は強い場合は、後半で逃げ切るような展開が起きやすくなります。

つまり、先行捲りでは、ラインの先行選手の強さが鍵になります。

突っ張り先行

突っ張り先行とは、スタートで先行を取ったラインが下がらずにそのまま後ろのラインをブロックする展開です。

この突っ張り先行では、スタートで先行を取っていたラインが強ければ逃げ切ることができますが、そのような展開はほぼありません。

後方に位置していたラインが捲って決着と言う展開が最も多くなります。

それは、先行ラインは風の影響を受けるからです。

2分戦では、突っ張り先行の展開は不利になるのでほとんどなく、先行捲りが多いと言うことを覚えておきましょう。

3分戦

競輪のライン_4分戦について

3つのラインで構成されるのが3分戦。

競輪で最も多いのがこの3分戦です。

そんな3分戦は「先行・番手・3番手」としっかり分かれることが多く、ラインの絆がはっきり出る展開が多くなります。

また、「3分戦はスジで買え」と言う格言も存在し、ラインの選手同士が1,2着をとるスジ車券が多いのも特徴です。

この3分戦で把握しておくべきことは以下の3つ。

  • ラインの強さ
  • ラインの選手の能力
  • 直近の決まり手

それぞれ詳しく解説します。

ラインの強さ

3分戦では、まずラインの強さを計算し把握しておくことが重要です。

例えば「123-4567-89」と言うライン構成だった場合、それぞれのラインの選手の競走得点を足して人数で割ます。

その時、その点数が最も高かったラインが有力と言えるでしょう。

ラインの選手の能力

次に、ラインの選手の能力を理解しておきましょう。

いくら競走得点が高いラインだとしても、その選手が得意とするポジションにつけていない場合、そのラインは有力ではなくなります。

例えば「123」のラインがの1番車が「逃脚」2番車が「捲り」3番車が「逃脚」なんてことも。

その場合、逃げることが得意な3番手選手は、後方選手をブロックすることができず、そのラインごと捲られてしまうなんてこともあるのです。

ラインを組む際、選手達もその辺は懸念していますが、上下関係が厳しい競輪界において3番手を先輩が務めることはほぼありません。

なので、そのような展開が起きても大丈夫なように、選手の能力はしっかりと把握しておきましょう。

直近の決まり手

最後に、直近の決まりてを把握しておくこと。

ここで注目する決まり手は「逃げ」。

「逃げ」とは、スタートから最後まで先行していた選手が1,2着になることが条件です。

つまり、直近のレースの決まり手が「逃げ」だった場合、その選手は次のレースでも「逃げ」を狙っている可能性が高い。

従って「逃げ」を得意とする選手がいるラインは有力なラインになります。

競輪で最も多い3分戦のレース。

先行1車や2分戦と比べ、様々な展開が考えられます。

なので、今回紹介したポイントをしっかり押さえておきましょう。

4分戦(細切れ戦)

競輪のライン_3分戦について

4分戦(細切れ戦)は、文字通り細かくラインが分かれるレース。

この4分戦は珍しく、7車立てのレースではほとんど出てきません。

そんな4分戦は、レース展開が読みにくく荒れやすいという特徴があります。

なぜかと言うと、4分戦はライン数が多のに加え、単騎の選手の動きによって展開が大きく変わってくるからです。

また、単騎の選手が活躍することもあるため、ラインやスジで決着しにくいという特徴も。

そんな4分戦で勝つためには、単騎選手・ラインの後方選手の強さに注目することが重要です。

4分戦のが荒れるのは、主に単騎選手の活躍によるもの。

つまり、単騎選手が強かった場合その選手を軸に予想するのが良いでしょう。

ただ、単騎選手が強ラインの後ろにつけていた場合、そのラインの後方選手のブロックで前に出させてもらえないなんてことも考えられます。

なので、単騎選手の経験値や直近のレースの動きを把握しておくこと、強ラインの選手強さを理解しておくことが4分戦で勝つためのポイントということです。

ラインの組み方は4種類!

ラインは共にレースを優位に運ぶために組まれる、いわば「絆」のようなもの。

では、そんなラインはどのようにして組まれるのでしょうか。

ラインが組まれる基本的なパターンを多い順で並べると以下の通りです。

  1. 同地区
  2. 隣接地区
  3. 同県
  4. 同じホームバンク

それぞれ詳しく解説します。

同地区

まず、最も多いラインの組まれ方は同地区であること。

それは以下の組み分けになります。

地区 同地区の都道府県
北日本 北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島
関東 茨城・栃木・群馬・埼玉・東京・山梨・長野・新潟
南関東 千葉・神奈川・静岡
中部 石川・富山・三重・岐阜・愛知
近畿 滋賀・京都・奈良・大阪・和歌山・福井・兵庫
中国 鳥取・島根・広島・山口・岡山
四国 香川・高知・愛媛・徳島
九州 佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・福岡・鹿児島・沖縄

このように、8つに分類される競輪の地区。

この分類されている中でラインを組まれることが多いです。

では、なぜ同地区が最も多いのか。

それは、競輪場の数・競輪選手の人数・1レースに出走する選手の数が関係しています。

競輪場は全国に43ヶ所あり、毎日どこかの競輪場でレースが開催。

そのため、同じ競輪場の練習仲間や同じ県出身の選手と一緒にレースに出ることはほとんどありません。

加えて、競輪選手は約2,300人。

さらに、1レースで出走する選手は多くて9人です。

なので、8つに分類される地区の仲間が最も大きな枠の中で絆があるメンバーということ。

ラインの構成のほとんどはこの同地区で組まれるので、しっかりと把握しておきましょう。

隣接地区

次に多いのが、隣接地区。

関東地区と南関東のラインや、近畿と中国のラインなど、隣の地区で組まれることもあります。

ただ、この場合は選手同士の関係は浅く、絆はほぼないと思って良いでしょう。

そのため、隣接地区で組まれたラインはそこまで強くありません。

ただ、隣接地区のラインがベタランだった場合、その選手達の絆は深いこともあります。

その場合は、同地区と同じかそれ以上の強さを持つラインの可能性もあるので、選手達の関係まで調べておくことができると、ライン予想からの勝率は高くなるでしょう。

同県

同じ県でラインが組まれる場合、そのラインは絆が深い傾向にあります。

ただ、同じ県同士でもライバルや敵対視している選手も。

仮にライバルだった場合、そのラインは走行中に崩れる可能性があります。

さらに、敵対視していた場合はラインどころではないでしょう。

選手達のSNSからもどの選手と仲が良いのかを調査できる可能性があります。

なので「最近ライン予想がうまくいかない」なんて人は、各選手について調べてみるのも勝率を上げる鍵となるでしょう。

同じホームバンク

ホームバンクとは、選手がいつも練習している競輪場のこと。

いつも練習している仲間であれば、絆は深いと言えます。

そのため、同じホームバンクのラインがあった場合、そのラインは活躍しやすいです。

また、ホームバンクのラインがホームバンクでのレースに出走した場合、最も信頼度が高いラインと言っても過言ではありません。

なので、あなたが着目する選手やラインの仲間についてしっかりと学んでおくべきです。

それができれば、ライン予想の精度・競輪での勝率は上がるのではないでしょうか。

実際のレースを参考にラインを予想してみよう!

ラインがどのように組まれるのかは理解できたでしょう。

では、そのラインの並びはどのように予想すればいいのか。

その方法は以下の2種類です。

  • 出走表から出身地・脚質を確認
  • 選手のコメントを確認

それぞれ詳しく解説します。

出走表から出身地・脚質を確認

競輪のライン予想_まずは出走表の出身・脚質をみよう

まず、出走表を見て選手の出身地を確認しましょう。

そして、出身がわかったら上でご紹介した8地区に当てはめます。

地区を分けることができたら、次にラインの脚質を見て並びを予想しましょう。

本レースで予想できるラインはこちら。

ライン地区 構成される選手 そのラインの並び予想
北日本ライン ①照井拓成選手・⑥渡辺正光選手 ①-⑥
関東ライン ③柿澤大貴選手・⑤佐々木悠葵選手 ⑤-③
南関東ライン ②深谷知広選手・④東龍之介選手・⑦渡邉雅也選手 ②-⑦-④

ここまでできたら、ライン予想はほぼ完成です。

ただ、これは確定ではありません。

あくまで予想なので、レース当日は並びが違う可能性もあるということを理解しておきましょう。

選手のコメントを確認

ライン予想は、出走表で読み取れない場合もあります。

その際は、選手のコメントを見てみると良いでしょう。

競輪のライン_選手のコメントをみよう

「自力で」という選手が3名。

つまり、本レースは3分戦になる可能性が高いことがわかります。

その他の選手は「佐々木くんの後ろ」や「静岡の後ろ」など番手・3番手に付くようなコメントです。

このコメントからライン予想してみると「①⑥・②⑦④・⑤③」の3ラインで構成されることが読み取れるでしょう。

このラインは上記で予想したラインと一致していますね。

このようにライン予想をするのは2パターンあります。

どのレースもどちらかのパターンを使えばライン予想ができるので、ぜひ参考にしてください。

ラインは自分で予想しなくてもわかる!

出走表や選手のコメントを見ることで予想できるライン。

ただ、それ以外にもラインを確認する方法があります。

その方法は以下の2つ。

  • 出走表の並び予想をみる
  • 競輪場のモニターを見る

それぞれ詳しくご紹介します。

出走表の並び予想を見る

出走表の下に並び予想が書いてある

KEIRIN.JPなどの競輪情報サイトの出走表には、ラインの並び予想が記者によって書かれています。

これを見ればライン予想は簡単です。

ただ、競輪新聞や競輪情報サイトの出走表には並び予想が載っていない場合もあるので、自分でライン予想はできた方が良いでしょう。

競輪場のモニターを見る

競輪のライン_ライン予想最終手段_競輪場のモニター下部をみる

競輪場のモニター下部にてレースの並び予想を確認することができます。

ただ、これはレース直前まで確認することができません。

あくまで最終手段なので、しっかりと自分でライン予想をできるようにしておきましょう。

ラインに関する知っておくべきこと3選!

ここまでで、競輪でライン予想は完璧にできるようになったでしょう。

ただ、ライン予想をするにあたって知っておくべきことが3つあります。

  • ラインでは裏切りもある
  • 八百長はない
  • ライン内での賞金の山分けはない

ラインでは裏切りもある!

まず「絆」が重要になってくるラインにおいて裏切りはあります。

どれだけラインを組んで優位に進めたとしても、最後は個人戦。

そのため絆が浅いラインには当然裏切る人もいます。

ただ、そのような裏切りをしている選手は後々ラインを組むことを拒まれるでしょう。

ラインが組めなくなれば、その後のレースを単独で行う必要があり、レースを優位に運べなくなります。

なので、基本的に裏切り行為はほとんどの選手がしませんが、もう後がない選手や昇格がかかっている選手などは裏切ることがあるということを理解しておきましょう。

八百長はない!

競輪のラインで「3番目の選手が前の選手を抜かさないで後ろばっかり気にしてる!これって八百長だろ!」などよく耳にすることがあります。

しかし、それは八百長ではありません。

上記で説明した通り、ラインが組まれているのには理由がありそれぞれ役割があります。

今回のコメントのように「3番目の選手が後ろを気にする」のは組んでるラインが後ろのラインに抜かされないようにブロックしているから。

つまり、八百長ではなく戦略です。

なので、このラインにおける選手の役割や強さを把握しておくことは、競輪で勝つために必要不可欠。

ラインを予想に組み入れるまでは時間と経験が必要ですが、競輪で稼ぐためにしっかりと理解しておきましょう。

ライン内での賞金山分けはない!

「ラインを組んだ選手同士で賞金を山分けにする」なんて噂がありますが、完全な嘘です。

ラインが組まれるレースの序盤は、確かに団体戦のようなもの。

しかし、最終的には完全な個人戦です。

そのため、レースの後半ではラインや仲間などは関係ありません。

どの選手も1着を目指し、全力で走るのです。

つまり、ラインは自分のために組まれるものである(だから裏切りもある)ため、賞金を山分けすることはありません。

加えて、競輪は厳しいルールが設けられているためそのような選手は必ずクビになるでしょう。

競輪のラインまとめ!

今回は競輪のラインについてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

まとめると以下の通りです。

  • ラインは競輪選手が組むチームの事
  • ガールズケイリンやチャレンジレースではラインが禁止されている
  • ラインが組まれる理由は、レースを優位に運ぶため
  • ラインが組まれるパターンで最も多いのが3分戦
  • ラインの中にもそれぞれ役割がある
  • ラインは8つに分けられる地区で組まれることが多い
  • 出走表や選手のコメントからライン予想できる
  • 競輪情報サイトの中には、ライン予想を載せているサイトもある
  • ライン予想はあくまでも予想なので、当日は並びが異なることもある
  • ライン間の裏切りはある
  • ラインでの駆け引きに八百長はない
  • 獲得した賞金をライン間で山分けることはない

競輪予想で最も重要と言っても過言ではないライン。

ラインを予想することで、レースの展開をある程度読むことができます。

最初は時間がかかるかもしれませんが、ぜひ試してみてください!

ライン予想ができない競輪初心者の方でも簡単に稼げる方法をご紹介!

今回ご紹介した、競輪のライン。

その予想の仕方がわかっても、すぐに実践して稼ぐのは難しいでしょう。

そこで!

今回は、ライン予想ができない競輪初心者の方でも簡単に稼げる方法をご紹介します!

その方法とは・・・

競輪予想サイトを利用すること!

競輪予想サイトとは、長年競輪予想をして稼いでいるプロが無料で買い目を公開してくれるサイトです。

ただ、中には稼げない予想を提供している「悪徳」と呼ばれるようなサイトもあるのが事実。

そこ、今回は私が実際にその競輪予想サイトを検証し、本当に稼げた競輪予想サイト2つをご紹介します!

どちらのサイトも1分程度の無料登録だけでプロの買い目をみることができるので、ぜひご活用ください!

回収率重視の方向け「競輪神風」

kamikaze020

とにかく回収率を上げたい方は【競輪神風】

直近の成績は以下の通り。

戦績 10戦9勝1敗 的中率 90% 回収率 448%
平均投資 5,000円 平均払戻 22,420円
合計収支
50,000円
201,780円
収支 +151,780円

回収率400%越え!!

更に的中率も高く、競輪歴関係なく誰でも利用できます。

そんな競輪神風には、これを可能にする特別な理由が・・・

それは、一般には出回らない情報を扱っていること。

更に、競輪予想のプロや競輪関係者が情報の精査をしているため「量」だけでなく「質」も最高です。

また、この予想は毎日無料で公開されるため利用時期は自分が望む時で構いません。

無料でプロの予想を試せるので、ぜひこの機を逃さないようにしましょう!

公式サイトをみる
無料予想記事
口コミ記事
概要記事

リスクを避けたい方向け「チャリ活」

チャリ活の検証結果

もう一つが【チャリ活】です。

直近の成績は以下の通り。

戦績 7戦5勝2敗 的中率 71% 回収率 314%
平均
投資
10,000円 平均
払戻
31,357円
合計収支
70,000円
219,500円
収支 +149,500円

的中率・回収率共にトップクラス。

たったの7戦で15万円ほどの利益を出すことができました。

そんなチャリ活は、買い目を絞ることでトリガミを回避し低い配当でもプラスに持っていくリスクヘッジをとっています。

また、競輪の記者や競輪の関係者など情報提供元の信頼が厚く、オッズに影響を与えないようにその情報の秘匿性まで徹底管理。

これにより、安定した利益を出すことに成功しています。

また、今なら予想で使える1万円分のポイントを無料配布中です。

リスクなく競輪予想に参加できるのは魅力ですよね!

今のうちにぜひ登録しておきましょう!

公式サイトをみる
無料予想記事
口コミ記事
概要記事

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

LINE公式アカウントバナー

競輪には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競輪予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード