header_logo

競輪必勝法モンテカルロ法とは?メリット・デメリットを解説!検証結果は?

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回は競輪必勝法モンテカルロ法についてご紹介します!

モンテカルロ法TOP画像

競輪は競走得点や勝率などあらゆる情報を出走表から読み取ることで合理的な予想を組むことが可能です。

しかし、あくまで競輪はギャンブル。

どれだけ合理的な予想をしたとしても、外れてしまうことがあります。

そこで気になるのは競輪において必勝法は存在するのかということ。

今回はそんな競輪界で必勝法と噂される「モンテカルロ法」について徹底解説!

本記事では具体的なモンテカルロ法の買い方・メリット・デメリット、実践した人の声をご紹介します。

最後はモンテカルロ法を実践して稼げるのか検証しているので、ぜひ最後までご覧ください!

【毎週更新】競輪必勝法モンテカルロ法は稼げる?

モンテカルロ法_誘導

モンテカルロ法について知りたい人のほとんどは「競輪で安定して稼ぎたい」のではないでしょうか。

そこで、手順等を説明する前にまずは実際にモンテカルロ法が稼ぐことができるのかを検証してみました。

今回は有名な競輪プロの予想に丸乗りした成績と比較したので、それぞれ結果を見ていきましょう。

名前 ジャンル 収支 成績(12戦で検証) 的中率
モンテカルロ法 必勝法 +13,900円 3勝9敗 25%
競輪小僧 お笑い芸人 +20,400円 5勝7敗 42%
競輪神風 競輪予想サイト +149,000円 6勝6敗 50%
コンドル予想紙 競輪予想紙 +53,100円 3勝9敗 25%
ケイリン宝箱 競輪予想サイト +210,200円 10勝2敗 83%
シュウのAI指数 AI競輪予想屋 +89,200円 6勝6敗 50%
チャリット 競輪予想サイト +260,300円 9勝3敗 75%

※あくまで競輪予想サイトが独自で参加したものであり、相対的な評価ではありません。

モンテカルロ法は3勝9敗で+13,900円のプラス収支を得ることができました。

しかし、損はしなかったとは言え、僅かな利益しか得られなかった印象です。

このまま検証を続けたとして、10万円稼ぐだけでもかなりの時間を要してしまうでしょう。

そのため”効率”という観点から観ると、モンテカルロ法は稼げるとは言えません。

対して、今回特に成績が良かったのは「ケイリン宝箱」や「チャリット」といった競輪予想サイトです。

特にチャリットは安定した的中率で、10戦8勝2敗の成績260,300円のプラス収支を得ることが出来ました。

従って、より効率的に稼ぎたいのであれば「ケイリン宝箱」や「チャリット」を参考にするのがおすすめです。

どちらも詳しく検証した結果をまとめているので、気になった方は合わせて覗いてみてください。

※具体的な検証の結果については下記でまとめているので合わせてご覧ください!

競輪におけるモンテカルロ法って何?

モンテカルロ法とは?

早速、競輪必勝法モンテカルロ法の概要を説明していきます。

競輪必勝法"モンテカルロ法"とは

終了時点で必ずプラス収支になる数式を用いて掛け金を調整する買い方

数式を用いて」と聞くと”難しそう…”抵抗を覚える人もいるでしょう。

ただ、実際にやることは「1+3」や「2+4」と言った簡単な足し算しかないので、心配はいりません。

”足して出た数×1倍のオッズの買い目を1点買いで勝負する”を繰り返していくだけです。

至ってシンプルなので、初心者にもおすすめできるでしょう!

モンテカルロ法の手順を詳しく解説!

モンテカルロ法_買い方

モンテカルロ法の概要については理解していただけたでしょう。

では実際に、競輪でモンテカルロ法を用いて勝負する時はどのように車券を買っていくのか。

ここからはモンテカルロ法で成立させるための具体的な手順を徹底解説していきます!

  1. 123の数列でスタート
  2. 先頭と末尾の数字を足した数を掛け金の倍率に設定
  3. 倍率をかけた掛け金で1点勝負
  4. 勝った場合は数列の両端の2つの数字を削除
  5. 負けた場合は数列の末尾にプラス1の数字を足す
  6. 数列が消えるor数列が1桁になったら終了

テキストのみだと複雑に感じるステップもあるので、イラストを参考に一つずつ詳しく見ていきましょう。

123の数列でスタート

モンテカルロ法初期配列

モンテカルロ法で用いる数列は1/2/3からスタート。

簡易的な足し算をしながら、掛け金の倍率を調整していきます。

場合によってはどんどん数列が多くなっていくので、必要な人はメモを取るために手元に紙とペンなどを用意しておくと良いでしょう。

先頭と末尾の数字を足した数を掛け金の倍率に設定

モンテカルロ法倍率計算

続いて、具体的な掛け金の倍率を設定していきます。

やり方は簡単で、先頭と末尾の数字を足すだけ。

スタートである1/2/3の場合、掛け金の倍率は先頭の1と末尾の3を足して1+3=4であるため4倍になります。

この法則は数列が増えてきた場合も変わりません。

数列の増減とともに倍率は以下のように変動していきます。

数列 計算 倍率
1/2/3 1+3=4 4倍
1/2/3/4 1+4=5 5倍
1/2/3/4/5 1+5=6 6倍
1/2/3/4/5/6 1+6=7 7倍
1/2/3/4/5/6/7 1+7=8 8倍
1/2/3/4/5/6/7/8 1+8=9 9倍
1/2/3/4/5/6/7/8/9 1+9=10 10倍
3/4/5/6/7 3+7=10 10倍
3/4/5/6/7/8 3+8=11 11倍
5/6 5+6=11 11倍

倍率をかけた掛け金で1点勝負

モンテカルロ法は1点勝負

倍率が決まったら実際に車券を購入していきます。

初期金額を100円と設定した場合、123の数列で倍率が4倍になるため、400円からのスタートです。

この時、モンテカルロ法を成立させるためには必ず1点買いで行わなくてはなりません。

間違っても複数点買いしないようにしましょう。

的中した場合は数列の両端の2桁の数字を削除

モンテカルロ法勝った場合の数列変化 

モンテカルロ法で予想した買い目が的中した場合、勝負に用いた数列を一部削除していきます。

削除するのは両端の2桁の数字

例えば、1/2/3/4/5/6の数列で的中した場合、数列は3/4となり次の勝負の掛け金の倍率は3+4=7で7倍となります。

モンテカルロ法は、基本的にこれの繰り返し。

仮に1/2/3のスタートの数列で勝負して買った場合はその時点で終了です。

払い戻しが物足りなければ、同数列で再スタートするようにください。

負けた場合は数列の末尾にプラス1の数字を足す

負けた場合の数列変化

モンテカルロ法で予想した買い目が不的中だった場合、勝負に用いた数列を増やしていきます。

増やすのは末尾+1の数字。

例えば、1/2/3/4/5/6の数列で負けた場合、末尾に+1の数字を足し1/2/3/4/5/6/7となります。

仮にプラス1の数字が2桁になった場合、1/2/3/4/5/6/7/8/9/10といった形で2桁で1つの数字という扱いです。

紛らわしいケースなので注意しましょう。

数列が消えるor数列が1桁になったら終了

モンテカルロ法終了基準

数列をもとに勝負を繰り返していき、数列が消えるor数列が1桁になればモンテカルロ法は終了になります。

数列が消えれば倍率は設定できませんし、1桁の場合は数列に先頭も末尾もなくなるからです。

無事モンテカルロ法が終了すれば、収支はプラスになっているはずなので確認してみてください。

競輪でモンテカルロ法を使う際の2つの鉄則

モンテカルロ法の鉄則

モンテカルロ法は終了時点で必ずプラス収支になる方法であることは、わかっていただけたでしょう。

ここからはモンテカルロ法を使う際に気をつけたい2つの鉄則についてご紹介します。

その鉄則とは以下の通り。

  • 券種は複式で勝負
  • オッズは3倍以上

それぞれ詳しくご紹介します。

券種は複式で勝負

モンテカルロ法は基本的1点買いで勝負しなくてはなりません。

そのため、券種選びにも注意が必要です。

仮に9車立てレースにて3連単で勝負し続けるとで1/504を当たるまで繰り替えすことになります。

これでは決着がつくまで非常に時間がかかる可能性があるでしょう。

ただ、3連複のような複式の券種であれば、単純計算で的中確率は3連単の6倍です。

9車立てであっても1/84となるため、かなり難易度は下がるでしょう。

そのため、モンテカルロ法を用いて勝負する場合はある程度的中確率が高い券種を選ぶことをおすすめします。

オッズは3倍以上

モンテカルロ法は数列を基に1点買いを続ける法則ですが、どの買い目でも良いわけではありません。

モンテカルロ法は数列が1桁もしくは消滅した場合に必ずプラス収支になっているという仕組みがあります。

この仕組みを成立させるためには、車券を買う際にオッズ3倍以上の買い目を選ぶことを守らなくてはいけません

出走表とともに公式ページに記載されているオッズを確認し、投票締め切り時にオッズ3倍以上であると思われる買い目を購入するようにしましょう。

モンテカルロ法を使った車券の買い方を実践解説!

モンテカルロ法を使う際の鉄則については理解していただけたでしょう。

ここからはモンテカルロ法を使った車券の買い方を実践解説してきます。

今回車券を購入する際の決まりごとは以下の通りです。

  • 初期掛け金は100円
  • 12レースが終了or数列が消える(1桁になる)時点で勝負は強制終了
  • 車券は3連複
  • 買い目はオッズ3倍以上で2番目に人気のある買い目

今回勝負に選んだのは2023年8月29日に松戸競輪で行われた燦燦ダイヤモンド滝澤正光杯の最終日。

はじめの掛け金は100円スタートし、3連複1点でオッズが3倍以上の2番目に人気のある買い目で勝負します。

2番目に人気の買い目にしている理由はレース直前のオッズ変動で下回らないように余裕を持たせるためです。

それでは各レースを詳しく見ていきます。

第1レース

第1Rの勝負が1/2/3の数列を使います。

数列が1/2/3ということは倍率は1+3=4で4倍なので、購入金額は400円となります。

このレースのオッズは以下の通りです。

モンテカルロ法_検証第一レース

今回選んだ買い目は2=4=5。

そのため、2=4=5の3連複に400円を掛けて勝負します。

結果は以下の通り。

モンテカルロ法_検証第一レース_結果

1番人気の決着となり、予想はハズれました。

不的中だったため末尾に1桁増やし、数列は1/2/3/4となります。

第2レース

第1レースで負けてしまったため、第2レースは1/2/3/4の数列で勝負

数列が1/2/3/4なので、倍率は1+4=5で5倍、車券の購入金額は500円になります。

このレースのオッズは以下の通りです。

モンテカルロ法_検証第2レース

今回選んだ買い目は1=3=5。

そのため、1=3=5の3連複に500円を掛けて勝負します。

結果は以下の通りです。

モンテカルロ法_検証第2レース_結果

結果はまたしても不的中。

2連敗となりマイナスは第1レースと合計して900円となりました。

また、不的中だったため末尾に1桁増やして次の数列は1/2/3/4/5での勝負していきます。

第3レース

第1・2と2連敗してしまったため、第3レースは1/2/3/4/5の数列で勝負

数列が1/2/3/4/5なので、倍率は1+5=6で6倍、車券の購入金額は600円になります。

このレースのオッズは以下の通りです。

モンテカルロ法_検証第3レース

今回選んだ買い目は2=3=9で、オッズは9.9倍です。

的中時は5,400円のため、そろそろ的中させたいところでしょう。

結果は以下の通りです。

モンテカルロ法_検証第3レース_結果

またしても不的中となり、3連敗となってしまいました。

この時点で1,500円のマイナスです。

不的中だったため、次の勝負に向けて末尾に1桁増やし、数列は1/2/3/4/5/6となります。

第4レース

3連敗と流れが悪い中迎えた第4レースは1/2/3/4/5/6の数列で勝負

数列が1/2/3/4/5/6なので倍率は1+6=7の7倍、購入金額は700円になります。

このレースのオッズは以下の通りです。

モンテカルロ法_検証第4レース

今回選んだ買い目は1=2=7でオッズは12.4倍のため、的中時の払い戻しは8,680円。

ここまでの投資金額の合計は2,200円のため、的中で一気に取り返すことができます。

果たして結果はどうだったのか。

以下、結果をご覧ください。

モンテカルロ法_検証第4レース_結果

結果は見事に予想が的中。

第1~4までの投資金額を差し引いても+6,480円の儲けとなりました。

本来であれば、このプラス収支に満足しこの時点で勝負を終了しても構いません。

しかし、今回はあくまで”モンテカルロ法の実践検証”のため、事前に決めた第12レースまで勝負していきます。

今回は的中したため、1/2/3/4/5/6の数列の両端から2桁数字を削除し3/4となりました。

そのため、第5レースは3/4の数列で勝負していきます。。

累計結果

残りの第5~12レースまでモンテカルロ法を使って勝負を繰り返した結果は以下の通り。

レース 数列 掛け金 買い目 結果 払戻金
1R 123 400円 2=4=5 2=4=8 0円
2R 1234 500円 1=3=5 1=2=4 0円
3R 12345 600円 2=4=9 1=3=9 0円
4R 123456 700円 1=2=7 1=2=7 +8680円
5R 34 700円 3=4=6 1=5=7 0円
6R 345 800円 1=3=7 1=4=7 0円
7R 3456 900円 1=2=9 1=5=9 0円
8R 34567 1000円 3=7=9 3=5=9 0円
9R 345678 1100円 1=5=9 1=5=9 0円
10R 3456789 1200円 1=7=9 2=3=4 0円
11R 3456789・10 1300円 2=4=9 2=6=9 0円
8/29松戸12R 3456789・10・11 1400円 5=7=9 5=7=9 +15,820円
合計投資金額 10,600円
合計払戻金額 24,500円※回収率231%
収支 13,900円

結果的に13,900円儲けることができました!

1点買いを続けるだけでこれだけ稼げるのであれば、モンテカルロ法は非常に優秀な必勝法であるといえます。

また、今回は12レース終了時点で強制終了となりましたが、続けていればより多額の払い戻しを得ることもできたでしょう。

検証でわかったモンテカルロ法のメリット・デメリットをご紹介!

モンテカルロ法_メリット・デメリット

今回の検証ではモンテカルロ法を用いてプラス収支を得ることができました。

ただ、全12レースと長丁場の検証であったのにもかかわらずプラスは僅かの13,900円。

検証を通してネガティブな面も浮き彫りになってきました。

そこでここからは、検証と通してわかったモンテカルロ法のメリット・デメリットをご紹介していきます。

メリット

今回の検証でわかった競輪必勝法モンテカルロ法の代表的なメリットは以下の通りです。

  • 投資金額に主観が入らないこと
  • 初心者でも始めやすい
  • 辞め時がはっきりしている

それぞれ詳しくご紹介します。

過度なリスクを背負うことがない

モンテカルロ法メリット①  

ギャンブルは続けていくと感覚が鈍ってくるものです。

特に負けが続いた時は”掛け金を大幅に上げて今までの負けを取り返したい”という人も出てくるでしょう。

しかし、この方法は高額回収が期待できても、外れてしまえば大きな損失です。

場合によっては負債が溜まっていき、首が回らなくなる自体にも陥るでしょう。

その点、モンテカルロ法は掛け金の倍率を数列に基づいて決まるため、過度なリスクを背負うことがありません。

冷静な勝負を続けることが重要な競輪において、投資金額に主観が入らないことはモンテカルロ法のメリットと言えるでしょう。

初心者でも始めやすい

モンテカルロ法メリット②

モンテカルロ法は400円から始めることができます。

また、モンテカルロ法はオッズが3倍以上の1点勝負のため、買い目を複数予想する必要はありません。

そのため初心者でも簡単に試せる方法といえるでしょう。

辞め時がはっきりしている

モンテカルロ法メリット③

競輪のようなギャンブルをやっていて陥りがちなのが「辞め時がわからない」という点です。

勝ちが続く場合は「もっと稼ぎたい」。

負けが続く場合は「負けた分を取り返したい」という気持ちが働くと思います。

このように辞め時がわからずに勝負を繰り返していくと、どこかのタイミングで大きな損失を被ることが多いです。

しかし、モンテカルロ法を使えば数列が消えるor数列が1桁になるタイミングで勝負はプラス収支で一旦終了。

明確に終了のタイミングがわかるため、辞め時がはっきりしており無謀な勝負を続けることを防ぐことができます。

デメリット

メリットがある反面、モンテカルロ法にはデメリットもいくつか存在します。

代表的な競輪必勝法モンテカルロ法はデメリットは以下の3つです。

  • 必ずルールの中で勝負しなければならない
  • オッズの変動を読んで買い目を決める必要がある
  • 大きくは稼げない

詳しくご紹介します。

必ずルールの中で勝負しなければならない

モンテカルロ法デメリット③

競輪に知見がある人であれば、予想の調子が良いとき無理のない程度に掛け金を上げてみたいものです。

しかし、モンテカルロ法はそれができません。

リスクが大きくならないという点ではメリットといえますが、人によっては得られたかもしれない利益を取り損ねることもあるでしょう。

そのため、必ずルールの中で勝負しなければならないというのはモンテカルロ法の最大のデメリットになります。

オッズの変動を読んで買い目を決める必要がある

モンテカルロ法デメリット②

モンテカルロ法のルールの1つに「オッズ3倍以上で1点勝負」があります。

オッズはレース直前まで変動するものなのです。

3倍ギリギリの買い目を選択していた場合、レース直前になってオッズが3倍を下回ることが考えられます。

そのため車券を購入する際はレール直前までのオッズの変動を読み、3倍以上の買い目を選択しなければなりません。

3倍ギリギリを攻めるのであれば、ある程度の勝負経験が必要に場合もあるでしょう。

大きくは稼げない

モンテカルロ法デメリット③

モンテカルロ法は掛け金を数列に基づいた倍率で設定するため、掛け金をある程度押さえた状態での勝負になります。

そのため掛け金が少ない分、大きく稼ぎづらいのが現実です。

ある程度競輪予想に知見があり、自分の掛け方に自身がある人はモンテカルロ法を利用すべきかじっくり考えると良いでしょう。

モンテカルロ法を実践した人の声をご紹介!

モンテカルロ法_実践した人の声

ここまでモンテカルロ法のあらゆる側面ついて、ご紹介してきました。

では、実際モンテカルロ法を用いて競輪をした人たちはどのような見解を持っているのか。

最後にモンテカルロ法を実践した人の声を調査し、ご紹介したのでご紹介していきます。

ポジティブな意見

キング&プリンさんの意見

モンテカルロ法って最初に聞いた時は怪しいwって思ってたけど、初心者には最適な勝負方法だなコレ。リスク少ないし、しばらくはこの方法でいいや。

サツマイモ大好きっ子さんの意見

数列がだんだん消えていく感じがなんか楽しいわw競輪やりながら別のゲームやってる感覚になる。でかい儲けは出づらいけど、その分大きく損もしないし始めやすいからいいわ。正味辞め時わかるってのは一番ありがたい。

ポジティブな意見で目立っていたのは、メリットで取り上げた「辞め時がはっきりしている」ことについてです。

ギャンブルは依存性があるという側面がついて回ります。

一時的にプラス収支になっていたとしても、終わってみればマイナス収支というのはよくある話です。

ただ、モンテカルロ法は辞め時がはっきりしているため、そのようなズルズル負けていくような結果になりにくいと言えます。

この点が実践した人たちには刺さっているようです。

そのため、本記事を読んでいる方で日頃から辞め時がわからないという人は、モンテカルロ法を実践してみることをおすすめできます。

ネガティブな意見

万年帰宅部さんの意見。

稼げないこともないけど天井見えてるし、普通に勝負したくなって途中でやめたわwまあ性に合ってるかの差だとは思うけど俺には合わなかった。ギャンブルやるならガッツリ稼げる可能性にかけたくね?

砲丸なげなげさんの意見。

数列を使うってのが私には合いませんでした。負けが続けば勝負が長引くし、手っ取り早く勝負をつけられる方法の方が私は好きです。

ネガティブな意見で見られたのは「大きく稼ぎにくい」という点です。

掛け金が自由に調整できないのがモンテカルロ法なので、大きく博打を踏みたいギャンブラーの方にはハマらなかったのかもしれません。

競輪必勝法「モンテカルロ法」まとめ

今回は、競輪の必勝法「モンテカルロ法」についてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

まとめると以下の通りです。

  • モンテカルロ法は数列を使った勝負方法
  • リスクが大きくない
  • 大きな稼ぎは見込めない
  • 辞め時がはっきりしている
  • 初心者でも安心して始めることができる
  • 検証結果は13,900円のプラス収支!

モンテカルロ法は「掛け金を失うリスク」と「ある程度の回収が見込める」の2点でバランスの良く取れた勝負方法。

競輪の必勝法とはいわれていますが、勝つためには粘り強く勝負を続ける覚悟が大切である事がわかりました。

よって、モンテカルロ法は終了まで時間がかかる場合がありますが、試して見る価値は十分にあるでしょう。

競輪の必勝法ともいえるモンテカルロ法、本記事を読んで試してみたくなった方は是非挑戦してみてください。

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。