header_logo

名古屋競輪のデータから分かる特徴を大公開!バンクの癖や概要も徹底網羅!

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回は名古屋競輪場の特徴・バンクの癖・基本情報について皆さんに紹介します。

名古屋競輪_特徴TOP

あなたは競輪で予想する際、どのような情報を参考にしているでしょうか。

例えば選手について。

得意な走りや競走得点など、競輪の勝率に直結してくるものばかりです。

しかし、選手の特徴というのは日によって変動してくるもの。

その日の体調などによっては、圧倒的な強さを誇る選手が負けてしまう場合もあるため、最も重要な要素とは言えません。

では、何が重要なのか・・・

それは、競輪場の特徴を把握すること。

競輪場の特徴は選手と違い、日々変動しません。

そして、選手の得意不得意は競輪場にあります。

つまり、競輪場の特徴は勝率に大きく影響するということです。

ということで、今回紹介する名古屋競輪はどのような選手が活躍するのか。

どう予想したら勝率は上がるのか。

名古屋競輪での勝率アップにつながる予想方法などを踏まえながら徹底解説していきます!

ぜひ最後までご覧ください!

◆おすすめ競輪予想サイト◆

ケイリン宝箱のTOP

的中率が高い競輪予想サイト!

競輪予想サイト解体新書でも多くの的中実績あり!

今なら1万円分の無料ポイントがもらえるキャンペーンを実施中!!

まずは無料予想から始めてみるのがおすすめ!

公式サイトをみる
無料予想記事
口コミ記事
概要記事

名古屋競輪の特徴・基本情報を押さえよう!

名古屋競輪場の概要をつかめたところで・・・

ここからは名古屋競輪の特徴や基本情報をご紹介していきます!

ポイントは以下の6つ。

  • バンクの特徴
  • 決まり手の割合
  • 脚質の割合
  • 地元の有名選手
  • 名古屋競輪が得意な選手
  • 天候

では、それぞれ詳しく解説していきます。

名古屋競輪場のバンクの特徴

まずは、名古屋競輪のバンクについて。

名古屋競輪_バンクの特徴について

詳しいバンクデータは、以下になります。

バンク周長 400m
みなし直線距離 58.8m
センター部路面傾斜 34°1´47″
ホーム幅員 10.3m
バック幅員 9.3m
センター幅員 7.3m

名古屋競輪場のバンクの見なし直線距離は58.8mで、全国に点在する400mバンクの中では若干長め。

カントに関しては34°1´47″とかなりきつめです。

クセが強いバンクなので、地脚型の選手が活躍しやすい競輪場と言えるでしょう。

名古屋競輪の決まり手

続いて「決まり手」から見ていきましょう。

バンクごとに直線距離やカントが異なるため、決まり手の割合も変わってきます。

この決まり手の割合を知っておくだけで選手の有利不利が分かるので、予想する際に必要不可欠な情報の一つなのです。

ということで、名古屋競輪の決まり手の割合をご覧ください。

1着
逃げ
19%
捲り
35%
差し
46%
2着
逃げ
17%
捲り
18%
差し
30%
マーク
35%

1着の決まり手は46%で差し」が圧倒的

一方で「逃げ」の割合は19%と番手につく選手がかなり有利なことが分かります。

この特徴も脚質と同様に、長い見なし直線距離とカントのキツさが関係しているのでしょう。

名古屋競輪では「差し」が得意な選手を軸にするのをおすすめします!

名古屋競輪の脚質

次に、脚質です。

脚質は、予想をする際に抑えておかなければならないポイントのうちの1つ。

先行選手が有利なのか。

追い込み選手が有利なのか。

これを把握するだけで買い目の組み方が大きく変わります。

ということで、名古屋競輪の脚質についてご覧ください。

1着脚質
38%
42%
20%
2着脚質
25%
58%
17%
3着脚質
20%
65%
15%

1着の脚質の割合は「逃げ」が38%「追い込み」が42%。

脚質の性質で見ると、追い込み有利ということが分かります。

これはバンクの特徴でも触れたように、見なし直線距離の長さとカントのキツさが関係しているのでしょう。

つまり、先行選手が長い直線で脚を切らしたところで、追い込み選手がきついカントを利用して差すというレース展開になりやすいということ。

なので、名古屋競輪で勝負する際は、追い込みの選手がアツいです。

名古屋競輪場の有名な地元選手

続いて、名古屋競輪場の有名な地元選手に触れていきます。

地元選手は普段からその競輪場で練習しているため、地の利を活かすことが可能です。

名古屋競輪で勝負する際も確実に役立つでしょう。

ということで、名古屋競輪の有名な地元選手を複数名ピックアップしてご紹介します。

競輪一家「近藤龍徳選手」

直近4ヶ月の成績
名前(年齢) 近藤 龍徳(31) 勝率 0.0%
級班 S級 1班 3連対率 34.5%
脚質 1着 0回
競走得点 101.00 2着 4回
総出走回数 29回 3着 6回

祖父や叔父、父親と兄も競輪選手。

また、S級1班に所属していて2014年にはヤンググランプリで優勝した実力者です。

直近4ヶ月の戦績はあまり良くないですが、実力からしてS級S班にも届くのではないかと期待されています。

地元名古屋で近藤龍徳選手が出走する際は、ぜひ応援して見てください!

期待のルーキー「纐纈洸翔選手」

直近4ヶ月の成績
名前(年齢) 纐纈 洸翔(20) 勝率 60.0%
級班 A級 3班 3連対率 90.0%
脚質 1着 6回
競走得点 77.25 2着 3回
総出走回数 10回 3着 0回

2022年にデビューしたばかりのルーキー。

勝率60%・連対率90%と、とても強い選手です。

高校時代から自転車競技で活躍していて、2019年の国体ではベスト6の実力者。

これらの戦績からして初優勝はすぐでしょう!

ぜひ応援してみてください!

他の注目選手一覧

上記2選手が競輪予想サイト解体新書が注目する競輪選手なのですが、他にも名古屋競輪に出場した際に要チェックの選手がいるので、ご紹介しておきます。

選手名 級班 年齢 脚質 競走得点 勝率 3連対率
吉田 敏洋 S級1班 42歳 104.36 7.6% 38.4%
藤井 侑吾 S級1班 27歳 105.66 0% 50.0%
高橋 和也 S級2班 36歳 101.52 8.0% 36.0%
伊藤 正樹 S級1班 49歳 100.33 10.0% 50.0%
當銘 直美 L級1班 27歳 53.97 23.6% 73.6%
中野 咲 L級1班 25歳 53.27 13.5% 70.2%

これら選手は名古屋競輪を代表する競輪選手たち。

全員S級もしくはL級トップの選手です。

車券に含んでも後悔はしないと思うので、是非参考にしてみてください。

名古屋競輪場の天候の傾向

全国にある競輪場で屋根がついているのは2会場のみ。

その他屋外の会場は、周囲の建築物や海などの影響で、風や雨の影響がレース結果に大きく作用します。

天候が原因で大荒れの結果になることも。

ということで、名古屋競輪の雨と風について調査しました。

名古屋競輪場の雨

まず、名古屋競場の雨についてです。

競輪において、1.0mm/h以上の雨が一定時間降ると路面が濡れて滑りやすくなります。

そのため落車や転倒の危険があり、その選手本来の走りが出来なくなる可能性も出てくるのです。

そこで名古屋競輪場がある名古屋市中村区中村町字高畑付近の雨について調査したところ・・・

降水量が比較的多い地域ということがわかりました!

名古屋競輪場がある愛知県は、台風が直撃することが多いため降水量の平均値も高いということでしょう。

季節の変わり目や台風以外では平均的な降水量ですが、ゲリラ豪雨が発生することも。

なので、名古屋競輪で勝負する際は天候のチェックも忘れずにしましょう。

ちなみに・・・

名古屋競輪場のリアルタイムな雨の情報は以下から確認できるので、利用してみてください!

名古屋競輪場の風

次に、名古屋競輪の風についてです。

競輪における風は、3.0m以上の風になってくるとレース展開に大きく作用します。

風向きによって仕掛けるタイミングや勢いなどが変わってくるので、いつもと違うレース展開になることがあるのです。

そこで名古屋競輪場の風について調査したところ・・・

1年を通して、そこまで風が強くないということがわかりました!

しかし、季節によっては突風が吹くこともあります。

さらに、屋外に位置する名古屋競輪場。

風が強い際は、レースに大きく影響が出るでしょう。

なので、風の強さや向きをチェックすることは必須です。

ちなみに・・・

名古屋競輪場のリアルタイムな風の情報は以下から確認できるので、利用してみてください!

名古屋競輪の特徴が現れたデータを徹底分析!

ここからは、名古屋競輪の特徴が顕著に現れたレースデータをご紹介します!

このデータを分析してしっかり押さえることで、名古屋競輪の傾向をつかめるため予想の役にも立つでしょう。

今回はご紹介するのは以下9つのデータ。

  • 平均上がりタイム
  • 平均配当
  • 過去最高配当
  • 車番別成績
  • 出目データ
  • 万車券出現率
  • スジ車券比率
  • 3番手の突き抜け

それぞれ詳しく解説していきます。

名古屋競輪の平均上がりタイム

名古屋競輪場の平均上がりタイムから。

平均上がりタイムは、把握するだけでその競輪場の傾向・特徴がつかめます。

ということで、名古屋競輪の平均上がりタイムを調査したところ・・・

名古屋競輪 平均タイム 333バンク 平均タイム
S級戦 A12班戦 S級戦 A12班戦
11.68秒 12.00秒 11.99秒 12.05秒

名古屋競輪の平均上がりタイムは、全400mバンクの平均上がりタイムよりも早いということが分かりました。

カントがきついので、スピードが落ちにくくその分タイムが早いということでしょう。

名古屋競輪の平均配当

各競輪場でバンクの特徴が違うように、平均配当も様々。

そんな平均配当をチェックするだけで、その競輪場が荒れやすいのかどうかを事前に把握することができます。

そこで、名古屋競輪場の平均配当データから名古屋競輪の傾向を見ていきましょう。

今回は平均配当を以下の3つに分類します。

  • グレード別
  • クラス別
  • レース種別

それでは、それぞれ詳しく分析していきましょう。

グレード別の平均配当

まずは、グレード別の平均配当から。

グレード 開催回数 2枠複 2枠単 2車複 2車単 ワイド 3連複 3連単
G3 40 872円 1,535円 966円 2,088円 517円 2,244円 12,280円
F1 120 1,207円 2,506円 500円 1,810円 10,700円
F2 256 1,100円 2,492円 487円 2,156円 9,453円

全国の競輪場の3連単平均配当は22,551円。

比べてみると、順当な決着が多いことがわかりました。

どのグレードも全国の平均配当より低いです。

つまり、選手の強さが顕著に出る競輪場ということでしょう。

クラス別の平均配当

次に、クラス別の平均配当

開催回数 2枠複 2枠単 2車複 2車単 ワイド 3連複 3連単
S級(9車) 37 907円 1,616円 1,223円 2,127円 696円 3,075円 14,598円
S級(7車) 62 535円 655円 876円 1,773円 433円 1,555円 7,760円
A級(7車) 276 1,175円 2,652円 523円 2,189円 13,065円
SA混合 1 250円 290円 230円 290円 367円 710円 1,020円
L級 40 603円 860円 350円 973円 3,323円

クラス別の平均配当で見ると、全体的に平均配当より低いということが分かりました。

ただ、強い選手が集まるS級戦は少し荒れています。

そうは言っても全国平均よりは低いので、セオリー通りの掛け方が良いかもしれませんね。

レース種別の平均配当

次に、レース種別の平均配当

クラス 開催回数 2枠複 2枠単 2車複 2車単 ワイド 3連複 3連単
決勝 36 680円 1,060円 1,167円 1,937円 521円 2,468円 10,796円
準決勝 83 333円 613円 1,019円 2,480円 470円 1,697円 12,083円
特別優秀戦 81 1,526円 2,847円 1,401円 3,135円 546円 2,541円 14,500円
選抜戦 36 910円 1,720円 1,360円 3,222円 558円 2,274円 17,403円
特別一般戦 10 1,525円 4,501円 709円 2,632円 14,661円
一般戦 32 535円 655円 1,120円 2,194円 416円 1,423円 7,715円
予選 137 679円 1,096円 784円 1,393円 499円 1,927円 8,479円
その他 1 250円 290円 230円 290円 367円 710円 1,020円

レース種別で見ても、全体的に順当な決着ということが判明しました。

最も配当が高いクラスは、S級選手がピックアップされる選抜戦。

平均配当より低いと言っても、強い選手達のレースは予想が難しいということでしょう。

名古屋競輪で勝負する際は、選抜戦以外のレースだと勝率が上がるかもしれませんね。

名古屋競輪の過去最高配当

続いて、名古屋競輪の過去最高配当です。

名古屋競輪では、どれほどの高配当が出たことがあるのでしょうか。

今回は、配当に期待できる2連単・3連単で名古屋競輪の過去最高配当を調査してみました。

名古屋競輪の過去最高配当【2車単】

まずは、名古屋競輪の2連単の過去最高配当から。

高配当ランキング 配当 開催日 グレード レース 組番 人気
34位 298,420円 2011年1月27日 F2 6R 8-4 68

調査したところ、34位に入っていることがわかりました。

競走得点が低く不人気の選手が1着になったことが、高配当の要因です。

名古屋競輪の過去最高配当【3連単】

次に、全券種の中で一番配当に期待できる3連単の過去最高配当です。

高配当ランキング 配当 開催日 グレード レース 組番 人気
18位 2,760,670円 2008年11月23日 F2 10R 4-6-3 499

3連単高配当ランキングでは50位までの18位に入っていることがわかりました。

その額は2,760,670円。

一般的な初任給レベルの金額が、1レースで稼げてしまうほどの結果です。

これを見ると競輪って夢がありますよね。

ただ、基本的に穴狙いは難しいので注意しましょう。

名古屋競輪の車番別成績

次に、車番別の成績について分析していきます。

競輪は1番車に競走得点の高い選手が配置され、4・6・8番車に競走得点の低い選手が配置。

この3車は成績に顕著な差が出ます。

ということで、名古屋競輪の車番別成績を調査結果が以下の通り。

番車 勝率 連対率 3連対率 出走数 着別成績
1 29.8% 44.5% 58.2% 416 124-61-57-174
2 17.8% 34.0% 51.6% 415 74-67-73-201
3 13.2% 30.5% 43.3% 416 55-72-53-236
4 10.8% 28.2% 43.1% 415 45-72-62-236
5 12.5% 26.9% 42.1% 416 52-60-63-241
6 3.4% 8.4% 19.5% 415 14-21-46-334
7 12.0% 25.8% 38.1% 415 50-57-51-257
8 2.6% 2.6% 10.5% 38 1-0-3-34
9 10.5% 23.7% 39.5% 38 4-5-6-23

全体的に見ると、平均的な戦績。

しかし、4番車の勝率が若干高めと少し異なる点もあります。

名古屋競輪場では、4番車の選手がどのような走りを得意とするのかが鍵になってくるかもしれませんね。

名古屋競輪の出目データ

車番別成績でもご紹介したように、競輪には1番車に強い選手が配置されるという車番に慣習があります。

つまり、名古屋競輪の特徴が出目にも出やすいということ。

ということで、今回は名古屋競輪の出目データを以下4つの券種で調査。

  • 2車複
  • 2車単
  • 3連復
  • 3連単

それぞれ上位10個の出目を算出しつつ、詳しく分析していきます。

2車複

まずは2車複から。

上位10個の出目は以下になります。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2 47 647円
2 2-4 37 864円
3 1-5 34 1,155円
3 1-4 34 721円
5 1-7 30 1,000円
6 1-3 28 730円
7 3-7 27 1,564円
8 3-5 25 1,027円
9 2-3 22 724円
10 2-5 19 1,393円

10位中5つに、1番車が絡む結果になりました。

名古屋競輪で2連複予想する際、1番車は安牌と言えそうです。

しかし、配当が低めなのでトリガミに注意しましょう。

2車単

次に、2車単です。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2 29 776円
2 1-4 28 1,034円
3 1-5 21 1,291円
4 1-7 20 1,913円
5 4-2 18 1,653円
5 2-4 18 1,621円
7 2-1 17 2,044円
8 2-3 16 1,568円
8 1-3 16 1,074円
10 7-3 15 5,877円

2車単でも、1番車が最も多くの出目に絡む結果に。

他には、2番車が多くの出目に絡んでいます。

しかし、注目すべき出目は「7-3」。

5,877円の高配当がついていて、出現回数も多めです。

名古屋競輪で予想する際、2車単で「7-3」の出目も加えると良いかもしれませんね。

3連復

続いて、3連複です。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2-4 54 868円
2 1-2-5 43 1,251円
3 1-2-3 38 312円
4 1-3-7 32 2,324円
4 1-2-7 31 1,743円
4 1-5-7 29 1,466円
7 3-5-7 28 1,761円
8 1-3-4 28 2,144円
9 2-4-5 28 1,777円
10 1-3-5 27 1,419円

3連複の出目データでも1番車が圧倒的に多いことがわかります。

ただ、他の出目データ同様に配当が少なめなのが気になるところ。

比較的配当がついているのは7番車が絡む出目です。

なので、1・7番車を含めた買い目が良いかもしれませんね。

3連単

最後に、3連単です。

順位 出目 回数 平均配当
1 1-2-4 14 3,251円
2 1-7-2 10 7,369円
3 1-4-3 9 5,504円
4 4-2-1 8 8,029円
4 2-4-1 8 5,724円
6 2-1-5 7 7,253円
7 7-3-1 6 70,932円
7 1-4-6 6 12,740円
7 1-7-5 6 11,752円
7 7-1-5 6 5,672円

全ての出目に1番車が絡む結果に。

中でも「7-3-1」の出目は70,932円と高配当がついています。

さらに、この出目は出現回数も多めです。

2車単でも高配当且つ出現回数が多かった「3-7」の出目。

名古屋競輪で予想する際、1・3・7番車は鉄板と言って良いでしょう。

名古屋競輪の万車券出現率

続いて、名古屋競輪の万車券出現率から特徴を見ていきます。

万車券が出やすい=荒れやすいということ。

名古屋競輪で勝負する上で、欠かせない情報と言えるでしょう。

ということで、名古屋競輪の万車券出現率を調査してみました。

順位 周長 レース数 万車券出現率(3連単)
28 400m 1,344  45.93%

現在、競輪が開催されている42会場の中で万車券出現率は28位という結果になりました。

つまり、万車券は出にくい競輪場ということ。

クセが強い競輪場ですが、名古屋競輪場は全体的に順当な決着が多かった印象でした。

選手の強さが顕著に出やすいため、万車券出現率も低めということでしょう。

名古屋競輪のスジ車券率

競輪において、スジ車券率を把握することは非常に重要。

事実、ほとんどのレースで2車単の1番人気はスジ車券になります。

このスジ車券が出やすいか否かで名古屋競輪の特徴が分かるでしょう。

ということで、スジ車券率を調査した結果がこちら。

順位 周長 レース数 みなし直線距離 スジ車券 スジ違い
18 400m 1,303 58.8m 48.32% 51.68%

スジ車券は全体の48.32%という結果になりました。

400mバンクの中で18位とほぼ平均です。

スジ車券率の方が低いのは、みなし直線距離が比較的長く決着が最後までもつれ込むためと言えるでしょう。

名古屋競輪の3番手の突き抜け

競輪で人気を集めるのは、先行選手もしくは番手選手です。

人気どころで決着するということは、荒れないレースということ。

逆に不人気の3番手選手の突き抜け率が高ければ、配当が大きく上がります。

ということで、名古屋競輪の3番手の突き抜け率はどの程度起きているのか。

調査した結果がこちら。

順位 周長 レース数 みなし直線距離 3番手の突き抜け率
20 400m 736 58.8m 3.67%

名古屋競輪の3番手選手突き抜け率は、400mバンクの中で20位でした。

バンクのクセからは、先行選手が活躍しにくい競輪場ということがわかりましたが、3番手選手が活躍することは少ないということ。

順当な決着が多いが先行選手が活躍しないということは、番手選手が最も活躍しやすい競輪場と言えるのではないでしょうか。

名古屋競輪の特徴まとめ

ここまでご紹介した名古屋競輪のデータを基に・・・

名古屋競輪の特徴をまとめていきます!

これさえ読めば、名古屋競輪の特徴は完璧に把握したと言っても過言ではありません。

是非ご覧ください!

名古屋競輪の特徴1「クセがあるが軽く走りやすいバンク」

名古屋競輪場は1949年に開設され、比較的古い競輪場。

バンクのカントがきつく古い競輪場のため、過去には選手がスリップし落車する事故も起きました。

そんなこともあり、2021年10月に修理され新しくなった名古屋競輪場バンク。

塗り直されたバンクは重く走りにくいという特徴がありますが、試走会に参加した選手達からは「軽くて走りやすい」という声が多かったそうです。

なので、ある特定の選手が活躍するなんてことは無いでしょう。

名古屋競輪の特徴2「順当な決着が多い」

平均配当や出目データからしても順当な決着が多かった名古屋競輪場。

また、3番手選手も突き抜け率も低いので、選手の強さが顕著に表れるということ。

高配当ランキングに載っていましたが、それは順当な決着が多い競輪場ならではと言えそうです。

名古屋競輪の特徴3「地脚型の選手や番手選手が活躍しやすい」

名古屋競輪場のバンクは、比較的みなし直線距離が長くカントもきつめでクセが強いと言われています。

そのため、走り慣れている地脚型の選手が活躍しやすいでしょう。

またそのバンクの特徴からか、最も多かった決まり手は「捲り」でした。

つまり、先行選手が活躍しにくい競輪場ということ。

また、3番手選手突き抜け率が低いこともあり、最も活躍するのは番手選手と言えます。

なので、名古屋競輪場は地脚型で番手の選手が最もアツいと言えるのではないでしょうか。

名古屋競輪の特徴4「1・3・7番車が鉄板」

名古屋競輪場の出目データで、最も多くランクインしていたのが1番車。

ただ、配当が低くトリガミの危険はあります。

そんな中、2車単でランクインしていて高配当だったのが「7-3」の出目。

さらに、競輪で最も高配当を狙うことができる賭式の3連単では「7-3-1」の出目が7位にランクインしていて、70,932円という高額配当でした。

名古屋競輪場で予想に迷った際は、1・3・7番車を含んだ買い目が良いと言えるのではないでしょうか。

名古屋競輪の特徴・バンクのクセのまとめ

今回、名古屋競輪の特徴・バンクのクセ・予想方法を詳しく分析しご紹介してきました。

名古屋競輪は、予想が難しいと有名な競輪場。

適当に予想してもコンスタントに稼ぐことは困難です。

しかし、本記事を読むだけで勝率は間違いなく上がると思います。

競輪初心者はもちろん、競輪玄人の方も今回まとめた内容をしっかりと把握して名古屋競輪で大勝ちを目指しましょう!

◆おすすめ競輪予想サイト◆

ケイリン宝箱のTOP

的中率が高い競輪予想サイト!

競輪予想サイト解体新書でも多くの的中実績あり!

今なら1万円分の無料ポイントがもらえるキャンペーンを実施中!!

まずは無料予想から始めてみるのがおすすめ!

公式サイトをみる
無料予想記事
口コミ記事
概要記事

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

LINE公式アカウントバナー

競輪には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競輪予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード