header_logo

ウィンチケットの払い戻しの換金・精算方法をご紹介!確定申告や注意点についても徹底網羅!

競輪予想サイト解体新書の検証担当「近藤 宗康」です。

今回はウィンチケットの払い戻しの精算・換金方法を紹介します。

ウィンチケットの払い戻し・精算方法のTOP

競輪のネット投票は、生配信番組の充実やコロナの影響もあり売上が絶好調。

事実、ここ数年一般人から有名人まで多くの方が競輪を始めています。

今回は、そんな競輪で投票・予想するために利用できる競輪投票サイトの中でも人気上位のウィンチケットについて調べてみました!

ウィンチケットでの払い戻し・精算方法から、気になる確定申告について深堀してお届けします。

ここをしっかり理解しておかなければ、ai予想を参考に的中しても無意味になってしまう可能性が高いです。

ぜひ最後までご覧ください!

ウィンチケットで当たった場合の払い戻しについて

ウィンチケットで当たった場合の払い戻しは、以下のような選択をすることができます。

  • 換金
  • ポイントチャージ

換金は払い戻しを登録した口座に振り込むことで、ウィンチケット内では精算と呼ばれています。

一方、ポイントチャージは払い戻されたお金を再度ポイントに交換し、車券を購入できるようにすることです。

ポイントチャージは1円単位で設定可能なので、車券購入額に少し足りない時にも便利な機能。

ただし、ポイントに交換してしまうと換金ができなくなるので注意が必要です。

それではウィンチケットで払い戻しを換金する方法について進めていきましょう!

払い戻しを換金する方法について

ウィンチケットで払い戻しを換金するには、事前の準備が必要なものがあります。

それは自分名義の銀行口座です。

家族であっても他人名義の口座は使えないので、ご自分の銀行口座を用意するようにしてくださいね。

それではウィンチケットで払い戻しを換金する手順について解説していきましょう!

ステップ1:銀行口座を登録

ウィンチケットで払い戻しを換金するには、最初に銀行口座を登録しておく必要があります。

銀行口座を登録する手順は以下の通り。

  1. マイページに移動
  2. 精算から銀行口座の登録を選択
  3. 銀行口座情報と暗証番号の登録

銀行口座の登録は精算する段階でも可能ですし、事前に済ませておくことも可能です。

ウィンチケットの銀行口座登録方法

銀行名、支店名、口座番号を入力し、暗証番号を登録して銀行口座の登録は完了!

ここで入力する暗証番号は、ウィンチケットで精算するための暗証番号のことです。

ちなみに、ウィンチケットが対応している銀行は以下の通り。

  • 楽天銀行
  • paypay銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 全国の主な都市銀行
  • 地方銀行

主要ネットバンクから地方銀行まで日本国内にある銀行のほとんどで登録できるので便利ですね。

ステップ2:払い戻し処理を行う

次に払い戻し処理を行うための手順を紹介していきます。

  1. マイページに移動
  2. 精算を選択
  3. 精算するを選択
  4. 確定するを選択
  5. 暗証番号を入力し確定するを選択

この5つの手順で払い戻し処理は完了です。

実際の画面での進行は以下のようになります。

マイページで「精算」を選択。

ウィンチケットの払い戻し精算方法

「精算する」を選択します。

ウィンチケットの払い戻し精算方法_手順2

ここでは「確定する」を選択してください。

ウィンチケットの払い戻し精算方法_手順3

最後に暗証番号を入力し「確定する」を選択すると精算完了となります。

ウィンチケットの払い戻し精算方法_手順4

「高額な精算時には数日かかる場合があります」という注意書きがありますが、他サイト等を参考にすると3,000万円超といったところでしょうか。

一般の方はあまり気にしなくても良さそうな金額ですね。

払い戻しを精算する際の注意点

ここでは、ウィンチケットで払い戻しを精算する際の注意点をいくつか紹介したいと思います。

「精算したお金がなかなか振り込まれない!」といったケースもあるようなので注意したいところ。

それではウィンチケットで払い戻しを精算する際に気をつけたいケースを具体的に紹介していきましょう!

即時精算の対応銀行一覧

精算したお金がなかなか振り込まれないのは、銀行のシステムが原因かもしれません。

即時精算に対応していない銀行だと払い戻しの精算にしばらく時間がかかるようです。

ウィンチケットで即時精算に対応した銀行は以下の通り。

  • 楽天銀行
  • paypay銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

上記の銀行は払い戻しの精算や入金を即時対応してくれるので便利です。

もし上記銀行口座をひとつも持っていないのなら、作ってみることをおススメします。

精算手続き可能時間は0:30〜23:40

ウィンチケットの精算手続き可能時間は0:30〜23:40までという点にも注意が必要です。

ミッドナイトが終わってから約1時間だけとは言え、精算したお金で買い物しようと思っていると待ち時間が辛いかも。

その日の最終レースまで戦う予定の方は、注意しておいた方が良さそうですね!

確定申告しなければならない場合がある

確定申告について

競輪だけでなく他の公営競技でも、確定申告しなければならない場合がある点にも注意です。

「トータルで負けているから大丈夫だよ!」という方もいますが、確定申告の中の一時所得には「勝ち・負け」が含まれないことをご存知でしょうか?

まずは、一時所得となり確定申告が必要となる条件は以下の通り。

1)年間の払戻受取額を計算
2)払戻対象となったレースに投票した金額を計算
3)上記から算出される「儲けた額」から-50万円した金額を計算
4)さらに、その額を÷2した金額を計算
上記4の金額がプラスになった場合に確定申告が必要になることがある

これを見ると「年間50万円も勝ってないし・・」と思う方も多いかも。

しかし、これは「ハズレ車券は含まない」という条件があり、いわゆる「収支」ではない点に注意したいところ。

ここで言う「儲けた額」に対して引いて良い金額は、的中した車券だけに適用されるという点。

仮に、全部で総額50,000円(各5,000円で10通り)の車券が的中し、60,000円払い戻された場合に引ける金額は5,000円で儲けた金額は55,000円になります。

普通は「10,000円浮いた!」となると思いますが、一時所得では55,000円儲けたことになるわけです。

この計算方法で1年間の「儲けた金額」を計算されたら・・・

確定申告が必要になる方も多いかも?

実際に確定申告が必要となるのは、お仕事など色々な条件で変わりますので気になる方は国税庁のホームページなどで確認しましょう。

精算金額の指定は出来ない

ウィンチケットで精算する場合には、精算金額の指定は出来ません。

もし、特定の金額を精算したい場合には先にチャージしておく方法があります。

払い戻し金額が13,800円あり、その内10,000円を精算したい場合には・・・

13,800円の内、3,800円を先にチャージ、
払い戻し金額を10,000円に調整することで精算は10,000円となる。

もっとも、即時精算・入金に対応した銀行ならすべて精算した後に再度入金するという方法が手っ取り早いですね!

払戻金が残っている場合自動精算される

ウィンチケットでは払戻金が残っている場合は自動で精算される機能もあります。

これは注意点というよりは、むしろ有り難い機能と言えそう。

自動精算は自分で設定できる機能で「毎日」「毎月」「60日後」から選べるようになっています。

ウィンチケットの自動精算について

基本設定は「60日後」になっているので、変更したい方はマイページ内にある「精算」>「自動設定」からお好みのタイミングを設定するようにしましょう。

年末年始は入金が遅れる

年末年始は入金が遅れる点にも注意が必要です。

特に、即時精算・入金に対応していない銀行は、指定する日時までに入金しないと車券が買えないなんてことも!

こういった銀行では軍資金を追加したい場合にも即座に対応できません。

できたら即時精算・入金に対応しているネットバンクを作ることをおすすめします。

不明なエラーが出たらカスタマーセンターへ!

ウィンチケットを使っていて、不明なエラーが起こることはまずありません。

ですが、万が一、不明なエラーが出たらウィンチケットのカスタマーセンターへすぐに連絡しましょう!

ページ下部にある「お問い合わせ」を確認すると・・・

  • チャット
  • メール
  • 電話

と、3つの問い合わせ方法から選ぶことができます。

ウィンチケットの問い合わせ方法・カスタマーサポートについて

 

チャットは文字のやり取りでリアルタイムに質問できるサービスです。

ウィンチケットの問い合わせ方法・カスタマーサポートについて_チャット

メールは返信に時間が掛かる点、電話は受付時間が限られることに注意してくださいね。

詳しくは別記事でまとめているので、是非ご覧ください!

>ウィンチケットへの問い合わせ方法はこちら

ウィンチケットでの払い戻しの精算方法まとめ

ウィンチケットでの払い戻しの精算方法は以上になります。

まとめると以下の通り。

  • ウィンチケットの払い戻しは「換金」「ポイントチャージ」から選択できる
  • ウィンチケットで払い戻しを換金するには自分名義の銀行口座の登録が必要
  • ウィンチケットの払い戻し処理はとっても簡単!
  • ウィンチケットでは即時精算・入金に対応した銀行口座が使いやすい
  • 払い戻しで確定申告が必要になる条件は複雑なのでよく調べておこう
  • ウィンチケットでは精算金額の指定はできないので精算は一括になる
  • 払い戻しは最長60日で自動精算されるので安心!

ウィンチケットは投票だけでなく、精算や入金まで直感的に操作できる使いやすい競輪投票サイトと言えそう。

精算する口座はひとつだけ決めておく必要がありますが、いつでも簡単に変更できる点もとても便利です。

また、記事内でも度々触れている通り、即時精算・入金に対応した銀行口座はとても便利なので持っていない方は作ってみてはいかがでしょうか。

【必見】競輪で更に勝率を上げる方法を伝授します!

みなさんは競輪で満足に稼げていますか?

競輪で稼ぐためには、様々な要素を加味した予想をしなければなりません。

しかし、そのためにはかなりの手間と時間がかかります。

そこで、ここまで読んでいただけた方限定!

競輪で、誰でも簡単にとにかく勝てる方法をご紹介します!

その方法とは・・・競輪予想サイトを利用すること。

競輪予想サイトは、長年競輪予想してきたプロが自身の予想を無料で公開しているサイトです。

今回は私が実際に検証し、本当に稼げた競輪予想サイトを2つ大公開します!

この2つのサイトを利用すれば、稼げる金額がその分増える。

加えて、片方のサイトの調子が悪くてももう片方で稼げる。

リスクヘッジにも繋がります。

どちらも30秒で終わる無料登録をするだけで毎日予想を見ることができるので、是非登録してみてください!

勝率を上げたい方向け「競輪オートスタート轟」

競輪オートスタート轟のまとめ

とにかく勝率を上げたい方は【競輪オートスタート轟】

直近の成績は以下の通り。

戦績 6戦5勝1敗 的中率 83% 回収率 290%
平均
投資
10,000円 平均
払戻
28,967円
合計収支
60,000円
173,800円
収支 +113,800円

無料予想とは思えないほどの的中率!

60%を超えれば上々と言われる無料予想だけで、驚異の83%を記録。

「勝率を上げたい」

「なかなか勝てない」

なんて方にはピッタリの競輪予想サイトです。

競輪で稼ぎたいなら必ず押さえておきましょう。

>競輪オートスタート轟の無料予想の詳細はこちら

>競輪オートスタート轟の公式HPはこちら

大きく稼ぎたい方向け「競輪ライジン」

全日本選抜競輪【2022】おすすめのサイト

もう一つが【競輪ライジン】です。

直近の成績は以下の通り。

戦績 7戦5勝2敗 的中率 71% 回収率 314%
平均
投資
10,000円 平均
払戻
31,357円
合計収支
70,000円
219,500円
収支 +149,500円

競輪ライジンの回収率は過去トップクラス。

驚異の314%記録。

何度も万舟券を読み切っています。

競輪ライジンも競輪ライジン同様にビッグレースでも大活躍しているので、大きく稼ぎたい方にはこれ以上無いサイトと言えるでしょう。

とにかく一攫千金!なんて方は絶対に登録しておいてください。

>競輪ライジンの無料予想の詳細はこちら

>競輪ライジンの公式HPはこちら

コメントを投稿する

ニックネーム※任意

タイトル

内容

※業者・自作自演の口コミの場合削除する可能性があります。

LINE公式アカウントバナー

競輪には、言わずとしれた「稼ぎやすいレース」が存在します。

しかし、末端の一般人ではそういった情報は手に入りません。

競輪予想サイト解体新書では、数々の予想サイトを検証するにあたって有益な情報網を獲得しています。

そういった情報網から得られる「注目するべきレース」の情報をLINE公式アカウント登録者限定で配信する用意があります。

参考にする、しないは皆さん次第。

ここでしか手にすることのできない情報を、ぜひ有意義に活用してもらえればと思います。

LINE公式アカウントQRコード